HKT48・指原莉乃が「東スポ社内で号泣」これが全真相

号泣する指原莉乃

10月17日に放送された「好きか嫌いか言う時間SP」(TBS系)の収録現場で、HKT48の指原莉乃(23)が本紙記者の前で号泣していたことが「週刊文春」で報じられ、ファンの間に動揺が広がっている。

AKB総選挙2年連続1位の“絶対エース”に何があったのか?文春にも報じられなかった涙の真相を公開する。

番組の企画は「指原VS東スポ記者のガチンコ対決」。
放送では指原が、MCのブラックマヨネーズの吉田敬(43)、南海キャンディーズの山里亮太(39)と一緒に東京・江東区の東京スポーツ新聞社編集局を見学した後、本社会議室をスタジオとして“対決”収録が行われた。

冒頭は「カッパ発見!」など東スポならではのスクープ話。
この時は指原も「ハハハ!」と盛り上がっていたが、乃木坂46との一件を報じた過去の東スポ紙面を見た指原は「これはウソです! 悲しい!」と泣きながら猛抗議したのだ。

「バラエティー番組で指原率いるHKTが乃木坂と放送枠を巡ってじゃんけん対決。敗れた乃木坂メンバーが悔し涙を流した。それに対して、指原が『泣いたらHKTの子たちが喜べない』と叱った一件です。

指原は『絶対、ウソです!』『これで乃木坂のファンの方からすごく叩かれたんですから!』などと猛抗議し、本紙記者も『記事には自信を持っている』とバトルが続きました。指原は『ここ、カットしないでくださいよ!』と強気な姿勢を貫いた」(本紙AKB担当記者)

番組では放送されなかったが、想定外の事態に会議室は騒然となり、誰もフォローできない状況に。一時は収録がストップした。

そもそもこの日、指原が編集部を訪れ、本紙記者と対面した時に“伏線”はあった。

AKB48・小嶋陽菜(28)推しの本紙記者は指原と対面した第一声で「あ、(今日は)こじはるさんじゃないんですね」と笑い含みでジャブを放ったのだが、AKB関係者は「指原も23歳の女の子です。いきなり『こじはるの方がよかった』と言われたら、傷つきますよ」と指摘する。

確かに号泣し、本紙記者に「ほんと嫌い! 大嫌い!」と訴えた後「さっきもいきなり『こじはるさんがよかった』とイジってきて…。そういう変なイジリ方もほんとヤダ!」と抗議した。

メーク直しのために収録が中断し、本紙記者も「日本中のさしこファンを敵に回してしまったかな…」とやや後悔。

フォローも兼ねて「指原さんはいい面もあるんです」と切り出し、指原がテレビ局関係者に「こういう子もいますよ」とHKTの後輩メンバーたちを売り込む“敏腕営業マン”ぶりを伝えたが、指原は「そんなこと一度もしてない」と姿勢は変わらなかった。

「指原が後輩メンバーを売り込んでいる姿は多くのスタッフが目撃している。番組の“流れ的”に否定せざるを得なかったのでしょう。

48グループでも超多忙な指原は、事前に仕事の内容を細かく把握する時間がなく、ぶっつけ本番も多い。

個人とグループの仕事が分刻みに重なると、疲れ果てて『もう無理です…』と泣くこともある。

今回も朝から働きづめで、収録も深夜スタート。精神的にも追い詰められていたのもあると思う」(前同)

涙を拭いて仕切り直した収録後半、記者の「帰宅が早くなったのは男ができたからでは」との追及に対し、指原は「ネコを飼い始めたからです。男がいて帰宅が早いんだったら、5~6年前からそうしている」と見事な返しで、笑いを誘った。

放送された番組や、文春にも報じられていないが、指原は収録の終盤で「いろいろすいませんでした」「こうやって顔を合わせて話せて良かったです。分かり合えることもありますね。ありがとうございました」と“天敵”の本紙記者に感謝を口にしたのも事実だ。

「うがった見方をすれば“戦略”とも感じられるかもしれませんが、指原は収録後のツイッターでこの日の仕事の反省もしてましたし、泣いたことを後悔したのでは? 他の共演者も困惑させて迷惑かけましたし」とは前出のAKB関係者。

収録後、カメラの回っていないところで本紙記者が東スポ特製UFOTシャツを渡すと、指原は「こんなモン、いらね~よ!」とキレてみせ、編集局を笑わせた後で「ありがとうございます」と受け取り「これからもよろしくお願いします」と大物ぶりを見せつけ、東スポを後にしたのだった。

【引用元:東スポWeb】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ運営者について