Sexy Zone菊池風磨とAKB48島崎遥香の意味深アイコンタクト&テレビ欄に「嵐とSex」表示!?

Sexy Zone菊池風磨とAKB48島崎遥香の意味深アイコンタクト&テレビ欄に「嵐とSex」表示!?

ベテランから若手まで、日々の活動を通じてさまざまな話題を提供してくれるジャニーズタレントたち。

今回は11月中旬にファンが“ざわついた”ネタを、ジャニーズ研究会の独断と偏見でセレクト!

■伊野尾の誤字が飛び火

 11月10日発売のファッション誌「Mgirl」(MATOI PUBLISHING)に、Hey!Say!JUMP伊野尾慧が登場。

写真家・蜷川実花が撮影を手がけ、目隠しや手を縛った状態のポーズなどアブノーマルな姿を披露し、一定数のファンに高い評価を受けている。

しかし、同誌のページ内では堂々と「井野尾慧」という誤字があり、ファンからは「『Mgirl』いろいろ衝撃受けた。

井野尾じゃないよ、伊野尾だよ」「伊野尾、名前間違えられすぎ」とツッコミが入っている。

また、目ざといジャニーズファンは「Mgirl」のバックナンバー欄で、嵐・相葉雅紀の表記が「相場雅紀」になっていることも発見。

「編集部には校閲が存在しないのかも……」との厳しい指摘も見受けられた。

■『嵐にしやがれ』で「Sex」!?

 11月12日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)に、Sexy Zoneが5人揃って出演を果たした。

しかし、テレビの電子番組表(EPG)には「嵐にしやがれ 嵐とSex」と表示されるケースが多かったようで、Twitterを中心に「テレビの番組表『嵐とSex』で途切れるのやめて。頑張ってyまで入れて」「私の家のテレビも嵐とSexになってた」「嵐とSEXはやばい」などと笑いが漏れる事態に。

 また、この日の放送ではメンバーのマリウス葉が母親とクッキー作りをしているVTRがオンエアーされたが、この時に自宅で着ていたパーカーの値段も話題に。

これはイギリスの老舗ブランド「BURBERRY」のもので、あるジャニーズファンがネットショップのスクリーンショットとともに「マリウス、そのパーカーは部屋着専用? 48000円の部屋着……」と、ツイート。

ドイツの実家は豪邸など、セレブとして知られていることもあり、「マリウス、バーバリーか。お金持ちだな」「マリウスだから部屋着がバーバリーでもおかしくない」と、納得の反応が目立っていた。

■Mr.KINGの特番に「誰得?」の声

 ジャニーズJr.の人気ユニット「Mr.KING」(平野紫耀、永瀬廉、高橋海人)が出演する特番『Mr.KING VS MissQUEENの青春ダンス!』(TBS系)が、11月26日に放送されることが明らかになった。

デビュー前のJr.内ユニットにして“メイン特番”という名誉な機会だが、概要が発表されると、一部ファンから悲痛な声が続出。

というのも、これはMr.KINGメンバーが約2カ月にわたって女子生徒にダンスを教えるという企画で、当初はなかなか距離感が縮まらず、まずは「お互いの仲を深めようと悪戦苦闘」するところから始まったとか。

 この内容にファンは「Mr.KINGが女子高生に2カ月教えるところを見て、誰得なの」「Mr.KINGはいま人気のJr.だよ? なに女子高生と一緒に踊らせてんの。ファンが悲しむわ」「なぜMr.KING? なぜ女子高生? 疑問点ばかりで見たいけど見たくない、とても複雑な気持ち」などと、放送前からすでにショックを受けていた。

■Sexy Zone菊池とAKB48ぱるるがイチャつく!?

 Sexy Zoneが出演した『ミュージックステーション』(テレビ朝日系、11月18日放送)で、菊池風磨とAKB48の島崎遥香が会話をしているかのような一幕があり、ファンが騒然となった。

AKB48のパフォーマンス前のトークコーナーで、HKT48の指原莉乃が新曲「ハイテンション」について「簡単な振り付けなので、ぜひ真似してやってください」と言うと、後列に座っていたSexy Zoneメンバーらも指原と同じように人差し指を動かす仕草を見せた。

その後、カメラがスタンバイ中の別のアーティストを一瞬映したあと、島崎が後ろの菊池とアイコンタクトを交わす姿が映り、菊池が笑みを浮かべていたことから、ファンは動揺。

「今の風磨くんとぱるるはなに!?」「風磨くんとぱるる笑顔でしゃべってなかった?」「確かに風磨はカッコいいけど生放送中に後ろ向いて話すとかないわ。ファンの事考えてほしかった」などとTwitterが大荒れした。

 昨秋、島崎は自身のインスタグラムアカウントから、ジャニーズJr.安井謙太郎のものと思われるアカウントと「やり取りしてた」との疑惑が浮上しており、「風磨くんとぱるる、安井くん繋がりで面識あるのか」と勘ぐるファンも。

会話を予想する「#後ろ振り向いてなに喋ってたか選手権」というハッシュタグまで誕生し、波紋が広がっていた。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について