SMAP元マネージャー飯島三智VSジャニーズ事務所「退職金」と「詫び状」めぐり弁護士を立てた話し合い

SMAP

“残留派”木村拓哉(44)と、残るSMAPの4人に育ての親こと飯島三智マネージャーを加えた“独立派”との対立が表面化したのは、今年1月のことだった。

“独立派”の4人は、ジャニーズ事務所との契約が切れる来年9月に独立し、飯島女史と共に芸能オフィスを立ち上げるプランがあるという。

その一方で、ほとんど知られていないが、この辣腕女史と事務所とのあいだには、紛争が続いてきたのだった。

「双方が日本を代表する弁護士ファームのパートナークラスを立てて、法廷闘争にまでは発展しないまでも、話し合いを行なってきました。

ジャニーズ副社長の2人であるメリー(喜多川)さんと(藤島)ジュリー(景子)さんは、飯島に対して詫び状を求めた。

決裁権者であるメリーさんの判子なしにあれこれとコトを進めた、結果として事務所に迷惑をかけた、それについて謝罪せよということですね」

そう話すのはさる音楽事務所の関係者である。宣戦布告を受けた恰好の飯島女史側はと言うと、「当初は“お金はいらない。謝らない”というスタンスだったんだけど、カネは絶対に要求すべきだと周辺がアドバイスしたんです。

メリーさんは件(くだん)の騒動のさなか、懲戒解雇にするつもりで彼女をしばらく宙ぶらりんの立場に置き続けましたから、周辺はいまも腹の虫が収まらない」(同)

飯島女史というよりはむしろ周囲の心のうちにわだかまってきた、不本意な扱いに対する看過しがたい気持ちが彼女を動かした。

「それからは、ああだこうだと話し合いが進んで半年前に、『退職金』という名目で3000万(円)に満たない額が支払われました。

彼女は35年勤務し、在職時の月収はおよそ100万だったから、計算によっては7000万ほどは受け取ってもおかしくないんだけど……。ま、財布の紐は固い事務所だからね」(同)

この切れ者マネージャーは、SMAP関連の映画制作などに携わる「ジェイ・ドリーム」社の取締役でもあった。

確認できるうちで直近となる2010年12月31日時点での貸借対照表の要旨は以下の通りである。

・総資産9億7600万円

・負債2億9800万円

・純資産6億7800万円

税理士の浦野広明氏はこう診断する。

「資本金1000万円から始めて、純資産をここまで貯めこみ、内部留保が潤沢にある。

加えて、資産合計のうち、やすやすとは動かしにくい資産はほとんどなく、すぐに現金化できる流動資産は9億6200万円に達している。要するに、超優秀な会社ですね」

純資産を発行済み株式の200株で割ると、1株あたり339万円になる。やり手女史は株式の3%を保有していたというから、2000万円ほどの価値になる。

これについては、「彼女はその権利を放棄したようです」(先の事務所関係者)

カネの問題が片付いても詫び状については両者は一歩も引かなかった。

「『書け』『書かない』の応酬が続いたのですが、先月には、『謝罪ナシ』という形で妥結しています」(同)

事実、ジャニーズ事務所に質すと、「退職金を支払うことによりすべて解決済みであると理解しております」と回答したのだった。

こじれにこじれたものだ。本誌(「週刊新潮」)既報の通り、5人組は芸能界のドンこと田邊昭知氏が率いる「田辺エージェンシー」の後ろ盾を得て、揃って独立することになっていた。

そこには、前出の事務所関係者が、「ジャニーズを飛び出して芸能界で生きていくには田邊さんを頼るほかなかった」と告白するように、斯界のしがらみにつながれる者の宿命がありありと見て取れる。

とはいえ、この契約には、SMAPのコンサートの売り上げやグッズ販売などの一部をジャニーズに上納するという条項が含まれており、ジャニーズ側もこれを諒としていた。

マイルドな、いわば巣立ちのような形だったものが、木村の離脱でもろくも瓦解する。

「正式に独立が破談になったのは、去年の12月31日でした。お通夜さながらに紅白の舞台を迎えたことが、昨日のことのように頭をよぎります」(同)

その後の状況に鑑みると、オーナー一族もアイドルも、そして、その手綱を握るマネージャーも、めいめいが悲劇の関頭に立たされ始めた瞬間だったわけだ。

ある芸能プロ幹部は、「それにしても……」とし、彼らの身空を次のように案じるのだ。

「立つ鳥あとを濁さずと考えられないものでしょうか。“せめて紅白……”というファンの最後の希望さえ無下にして、あれだけお世話になった『スマスマ』だって何事もなかったかのように“ジ・エンド”にしようとしている。

稲垣や草なぎが逮捕されたとき、2人の謝罪会見や復帰までを支えたのはフジテレビのスタッフら。

彼らの努力に報いる姿勢があってもいいと思うんですがね。こうやって一般常識が通じないままに新事務所を作って、仕事がうまく行くのか、甚だ疑問です」

■SMAP解散で“中居派”結集の新事務所キスマイらも参加か

ファンの悲鳴も虚しく大晦日をもって解散するSMAP。
契約切れの来年9月に向け、木村以外の中居派が独立、芸能オフィスを立ち上げるプランがあるというのだ。

差し当たって紅白の出場メンバーに名を連ねることがなく、SMAPは20年に亘って続いた「スマスマ」(フジテレビ系)最終回での生出演も拒み続けている。

中居正広(44)、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(39)に、育ての親こと飯島三智マネージャーを加えた独立派と残留派・木村拓哉(44)の対立が表面化したのは今年1月。

直後に飯島氏は事務所を追われ、4人の「木村不信」は抜き差しならぬものとなり、ジャニーズ事務所は8月14日に解散を発表。

創業社長・ジャニー喜多川氏(85)による再三再四の説得が実を結ぶことはなかった。

その頃の倦むような暑熱や熱波が鳴りを潜め、木枯らし1号が大都会の底へ足を踏み入れたばかりの、先月10日午前のことである。

飯島女史は自宅マンションをあとにし、クルマで銀座へ。
向かったのは中央通りから有楽町寄りに1本筋を入った、すずらん通り沿いの「ドーバー・ストリート・マーケット・ギンザ」。

2016年秋冬の最先端ファッションが所狭しと並び、お洒落にとりわけ敏感な人たちがそれを求めて集う。

民放幹部のひとりによると、「いわゆる辣腕マネージャー時代から、トレンドのアイテムをあくまでもさりげなく取り入れるのが“ミッチー流”。

あそこでショッピングしているというのは、“16年の秋冬を私は生きている”という自負なんです」

その口ぶりから察すると、芸能界のしがらみから解かれたかに見えるいまもなお、過去の人に成り下がることなく、自身を各方面にアピールする日々というわけだ。

事実、飯島女史は師走だからというわけではなく連日のように忙しない活動を展開している。

それというのも、「来年の9月、ジャニーズ事務所との契約切れを待って、木村以外の4人で独立し、そこに飯島も満を持して参加する腹づもりだから。

最近、彼女と話した人によれば、“アイディアが本当に湧いてくるの”とやる気満々、興奮を抑えきれないって感じだったそうですよ」と、これはさる芸能関係者の打ち明け話である。

「新しい事務所の『顔』には中居を据える。飯島自身、“ジャニーズ事務所内での彼の求心力はとても強い。

だから、キスマイ(Kis-My-Ft2)など所属タレントだけじゃなくジュニアの男の子たちも付いてくる。その数は20人じゃきかない”と話していたんです」

となれば、事務所分断、ひいては「中居派タレント」を結集する芸能オフィス誕生の時期が俄かに近づいていることになる。

むろん、面子ばかり集まっても先立つものがなければといった異議申し立てが当然のようにつきまとうのだが、この点についても、

「たとえば中居の年収は10億(円)に近い。それもここ10年に亘ってそうなんです。東日本大震災のときには個人で5億を寄付したほど。

それはともかく仮に税金で半分持って行かれて、残りを多少つかったとして、1年に3億は残る。

それが10年で30億ですから事業の立ち上げには十分。一番少ない稲垣だって2億は貰っていましたからね」(同)

ところで、木村以外の4人組は依然として、事務所からのオファーに肯(うなず)こうとせず、新しい仕事を受け入れる素振りさえないという。

「来年1月にスタートする草なぎのドラマは飯島の置き土産。これまでの継続案件を除いて、彼らの来年はまったくの白紙状態なんです」と、ある芸能プロ幹部。

これを裏返せば、4人は9月独立に向け、できるだけ身ぎれいにしようと努めているようにも映る――。

「週刊新潮」2016年12月15日号 掲載

【引用元:デイリー新潮】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について