『Santa Fe』はやっぱり児童ポルノ!? Amazonからも消え、出版元・朝日出版社も「販売したら捕まる」との認識/捨て方を改めて警視庁に聞いてみた

宮沢りえ

ついに本日から始まった、児童ポルノの所持禁止。

罰則の適用には「自己の性的好奇心を満たす目的での所持」という制限があるにもかかわらず、すでに“自主規制”が始まっている。

性的好奇心目的での児童ポルノ所持罪の罰則適用が始まる前日、今月14日時点で、ECサイト最大手「Amazon」からは早くも、宮沢りえのヘアヌード写真集『Santa Fe』(朝日出版社)が削除されていた。

1991年に出版された本書は、1999年に再編集された「NEW EDITION」版を刊行しているが、いずれも削除済み。

「Amazon」以外にも、ネット書店「honto」や「e-hon」などでは書誌データ自体は残っているものの、購入不可となっている。

出版元である朝日出版社のサイトでは、1991年版は「品切・重版未定」。1999年版のほうは、検索しても表示されない状況だ。

もはや、『Santa Fe』を購入することは不可能なのか……?

1、2冊くらいなら在庫があるかもしれないと、朝日出版社の代表電話に問い合わせてみたところ、この電話に対応してくれた人物は驚くべき返答をした。

「今日(2015年7月15日)から法律で販売したら捕まっちゃいますから……社内にも在庫は一切ありません」

なんと、版元の朝日出版社が『Santa Fe』を“児童ポルノ”と認識しているのだ。

児童ポルノ法第三条に「学術研究、文化芸術活動、報道等に関する国民の権利及び自由を不当に侵害しないように留意」と記され、罰則適用には「自己の性的好奇心を満たす目的」という条件があるにもかかわらず、明らかな“萎縮効果”が及んでいたのである。

昨年、法改定により所持禁止が導入される過程で、さまざまな声を聞いた。

“二次元”に対する規制が除外されたことを喜ぶ人々がいる一方で、多くの出版人は「これは負けだよ」と話しているのを聞いた(このあたりは9月発売の拙著にて記す)。

その言葉の意味が、今回の例のように怒濤のごとく押し寄せる“萎縮効果”によって明らかになりつつある。

もはや『Santa Fe』を入手できるルートはオークションか古書店ぐらいか。

15日現在も、オークションサイトには『Santa Fe』は多数出品されている。

新品での購入は難しいとはいえ、ベストセラーになった写真集のためか、値段は2000~5000円程度で高騰はしていない。

……しかし、『Santa Fe』が児童ポルノだとしたら、出品者及び落札者が児童ポルノ所持の罪に問われる可能性も否定できないのだ。

■『Santa Fe』は大丈夫なの? 児童ポルノ単純所持禁止を前に「児童ポルノ」の捨て方を改めて警視庁に聞いてみた

7月15日から始まる「児童ポルノ」の所持禁止。

「自己の性的好奇心を満たす目的」と制限はつけられたものの、意図せず「児童ポルノを所持している」という理由で逮捕される可能性はぬぐえない。

一方で、警視庁広報課(@MPD_koho)では、7月になってからTwitterを用いて「罰則適用まであと1週間!!」とカウントダウンまで行って、「児童ポルノは、確実に廃棄をしてください」と周知に努めてきた。

しかし、現在に至るまで具体的な廃棄の方法、何が児童ポルノにあたるか、は明らかにしていない。

昨年、本サイトでは児童ポルノの範囲と廃棄の方法を警察庁に取材した。
この際の取材に対して、警察庁は明確な答えを避けてきた。

その問題が解決されないまま、始まる児童ポルノ一部所持の禁止。おそらく多くの人が逮捕の不安に怯えているのではないか……。

そう思い、今回は善良な一市民として、各所に問い合わせをしてみることに。

まず、電話したのは警察庁。

代表番号にかけると、すぐに広報室に転送。
「児童ポルノの件で……」と言った時点で、質問も聞かずに話し始めた。

「具体的な事例でいいか悪いかは、地元の警察にお問い合わせをしていただいているんですよ」(警察庁 広報室 担当者)

こちらの質問も聞かないで、いきなり丸投げな回答だ。
では、具体的にどのような方法で捨てればよいのかを尋ねたところ、「少々お待ちください」(前同)と3分余りの間、保留された。

ようやく戻ってきた回答は、次のようなもの。

「そういう類いのものを、このようにして出さなければならない、という取り決めは今のところないので、なんというか、ご自身の判断といいますか、自治体の分別ゴミの規則に則って……。

例えば、“廃棄”といって撒き散らすような行為は論外ですが、普通に規則に従っていただければ」(同)

昨年の取材では「具体的な廃棄の方法をお示しする立場ではない」と回答を避けた警察庁だが、ここに来てようやく具体的な廃棄の方法を!

さて、自治体ごとのルールを守ってゴミに出せばいいことは判明したが、どこまでが「児童ポルノ」に該当するかは明らかになっていない。

そこで、警察庁のアドバイスに従い、今度は警視庁に電話してみることに。

まず警視庁総合相談センターに電話したところ、窓口として案内されたのは「STOP!児童ポルノ・情報ホットライン」の電話番号。

ここは児童ポルノに関する事件情報の通報窓口だと思っていたのだが、そうした問い合わせも受け付けてくれるそうだ。

善良な一市民として「ウチにあるものの中で、どれが児童ポルノになるのかわからないんですけど?」と尋ねたところ、丁寧に回答してくれた。

「児童ポルノというのは、18歳未満の裸とか胸とか陰部とかを露わにした画像、動画、写真集、紙媒体などを指すんですけど、そういうのを性的目的で所持しているというのが罰則化されるんですね。

個別に、この画像が大丈夫だとかはお答えできませんが、一般的な普通の水着とかは問題ないですね」(「STOP!児童ポルノ・情報ホットライン」担当者)

やはり個別の事例については判断できないのが、捜査機関の一貫した立場の様子。

幾度も話題に挙がる、宮沢りえのヘアヌード写真集『Santa Fe』(朝日出版社)も性的目的で所持していると問題なのか? と尋ねてみると、「個別具体的なものはお答えできない」(前同)という。

となると、やはり意図せずに持っていると逮捕される不安が……。その不安を吐露してみたところ、的確なアドバイスが。

「ご自身で『これは児童じゃないか?』というのは、もう処分されてしまったほうがいいですね」(同)

さらに、児童ポルノに該当するかどうか判別がつかないグレーゾーンのものも処分してしまったほうがいいのか、尋ねてみたところ「そうですね!」(同)と明快な回答が。

ちなみに、15日以降所持していると逮捕される可能性は否めないので、処分は「早ければ早いほうがよいです」(同)とも。

その処分方法については「第三者に取得されないように、シュレッダーにかけるなどするとよいですよ」と、警察庁よりも親切にアドバイスしてくれた。

「自己の性的好奇心を満たす目的」と制限がかけられたことで、研究や報道目的で所持する筆者らは、とりあえず難を避けられているとは思う。

とはいえ、善良な市民はグレーゾーンの処分を勧める警視庁のアドバイスに従うべきなのか……?

【引用元:おたぽる】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について