元AV女優の小室友里と現役の成瀬心美が語ったAV業界の知られざる“あるある”とは!?

小室友里と成瀬心美

1000作を超える作品に出演し、カリスマ企画単体女優となりながらも現在AV活動を休止している成瀬心美(25)。

そんな彼女が18日に放送された『~裏ネタワイド~DEEPナイト』(テレビ東京系)に出演し、「AV業界の知られざるあるある」を暴露した。

まず気になったネタは「AV女優の6~7割は西新宿に住んでいる」というもの。

AV女優が新宿近辺に住んでいるイメージはあったが、6~7割という数字には驚いた。

成瀬によると、撮影スタジオが新宿に密集していることと、AV女優には地方出身者が多く、恵比寿や中目黒より、撮影スタジオなどが多い新宿のほうが仕事に便利で住みやすいのだという。

さらに共演していた現役AV監督・天才フジタ氏によると、もう一つの理由として「ホストクラブに直行できる」ことがあるらしい。

確かにホストにハマるAV女優は多い。AV女優をやっていて、ハードな仕事だから優しくしてくれるホストにハマるというパターンも考えられる。

逆にホストにハマって、そこで遊ぶ金を作るためにAVデビューする女優もいる。

かつて著者も、歌舞伎町でホストにハマっていた企画女優と会ったことがある。

その女性はナンバー1にハマったのではなく、ナンバー2にハマり、自分の力で男をナンバー1にさせることに情熱を燃やしていた。

それがホスト遊びの醍醐味なのだろうか。彼女はいずれナンバー2と結婚するとまで語っていた。

ちなみに彼女の年収は1000万。企画女優の年収はピンキリだが、かなり高い額といえる。

また、番組では女優だけではなく、男優のあるある・裏話も暴露された。

「男優は、副業で居酒屋が経営しやすい中野・高円寺に多く住んでいる」「汁男優は、お金がなくて車を持っておらず、ペーパードライバーになるためゴールド免許が多い」「汁男優のギャラは一発3000円~9000円」「童貞企画は本物の童貞を募集するが、中には“童貞詐欺”をする人がいる」「童貞の作品で味をしめて男優になった人がいる」など、業界関係者以外は知ることがないことばかり。

その中で、「AV女優にNGを出されると仕事を失うため、AV男優は常に清潔」というものがあった。

著者は以前、溜池ゴロー監督にインタビューをしたことがある。溜池監督といえば、監督もやりながら、自身でハメ撮りの撮影もしている。

「AV男優は女優の体を傷つけないために、爪を短くしている」という話を聞いたことがあったので、爪を見せてもらったところ、先の白い部分はまったくなかった。

撮影のある無しにかかわらず、毎日その状態にしているというのを聞いて、プロ意識に感心したのを覚えている。

さらに90年代に活躍したカリスマAV女優・小室友里(39)は「当時、AV女優と男優は付き合いまくっていた」という興味深いあるあるを語った。

基本的に男優やその他のスタッフも、女優と連絡先の交換や食事に行ったりするのはNG。

昔からそのルールはあったが、小室は電話番号を渡されて、お茶に誘われ、そのまま付き合ったことがあるという。

男優のプライベートなセックスは誰も見たことがないので、「この人こんなセックスするんだっていうのがゾクゾクします」と振り返っていた。

付き合っている男優を、仕事で指名していたこともあるというから驚きだ。

周りは付き合っているのを知らない中で、カメラの前でセックスをする…さぞかし楽しい「プレイ」だっただろう。

番組では名前は出なかったが、小室が付き合っていたのは平本一穂という男優だったと業界では言われている。

彼女と交際した後、AV女優の小池みなみと結婚したので、生粋のAV女優キラーだったのだろう。

他にも山本竜二と大沢裕子が結婚、加藤鷹と樹まり子が交際、溜池ゴロー監督と川奈まり子の結婚などの過去があるので、実際に男優と女優の恋は多いのかもしれない。

著者がAV制作会社の関係者に聞いた話に、「女優の大半は休憩時にレッドブルを飲むので、現場には常備されている」「AVメーカーの広報は女が多い」「素人モノでも人妻はほぼいない」「“レズ”だけがNGの女優が結構いる」「モザイクは地方の会社で若いバイトがやっている」など、さまざまなネタがあった。

こんなあるあるを思い出しながらAVを見ると、また違った面白さで見れるかも…。

【引用元:メンズサイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について