正しいマスターベーションを誰も教えてくれなかった。オナニーで困る男性たち

床オナ

先日、担当編集者から「ヤバいオナニーしている男の人って、カエターノさんの周辺にいます?」と唐突に訊ねれました(正気ではない質問だと思います)。

「いきなり何ですか……?」と問い返すと、読売新聞の医療サイト『yomiDr.』に掲載されていた過去記事のURLが送られてきました。

「オトコたちよ、こんなマスターベーションを止めよう!」というなかなかショッキングなタイトルのこの記事は、2012年9月に掲載された泌尿器科医の小堀義友先生によるもの。

小堀医師の専門分野は男性不妊症、勃起・射精障害、性感染症だそうで、先生執筆の最新記事「アマゾン川で泳ぎながらのおしっこは厳禁」は、読むだけで全身の血の気が引く夏にぴったりの恐怖系記事です。

件の「止めたほうがいいマスターベーション」記事の内容をざっくりとおまとめしますと、「不妊に悩むカップルの中には、精子や精液に問題がないのに、妻の膣内で射精ができずに不妊症に至るケースがあり(膣内射精障害)、それは男性の間違ったオナニーの仕方が原因になっている」というお話。

「不妊症の原因は半分が男性」という認識は、昨年ダイヤモンド☆ユカイさんが自らの不妊治療の経験を語った本が出版されたことなどを契機に、少しずつ広まりつつあると思いますが、膣内射精障害は女性側に「どうして私でイケないの?」と悩ませ、夫婦仲の悪化にもつながるというのですから深刻です。

男性代表の顔をして意見を申し上げると、「セックスで射精できない」って、実存的な不安にさえ苛まれると思うんです。

折りしも「週刊ポスト」(小学館)2015年7/17・24号では、またも【死ぬまでSEX】特集が組まれ、80代男性が「週1でセックスしてますよ」とその秘訣を語っていらっしゃいます。

「若い男みたいな回復力はないから一晩に何度もイタすことはできないけど、丁寧なセックスで女性を満足させることはできる」と、高齢男性は“量より質”で頑張れ、みたいな内容です。

しかしそこでも、「イケない」というお悩みについては触れられておりませんでした。

生きるべきか、死ぬべきか、男にとって射精はそれぐらい重要な問題として捉えられています(早くイキ過ぎても悩むし、イケなくても悩む。大変面倒臭いですね、男性って)。

それに大半のセックスって、射精しないと終わりにならないですよね。それが常識ということになっている。

だから男性がイケないと、相手にとってもセックスが不完全燃焼になる(んじゃないか、と男性は思っているし、相手を満足させられないことでものすごく自信喪失する)。

そうした精神の危機を回避したいし、自信喪失もしたくないから、「イケないのは、お前のマンコに問題があるんじゃ!」と責任をパートナーに押し付ける男性も出て来てしまうわけです。

実際には膣は興奮すると血液が集中していわゆる“締りがよろしい”状態になるようでして(ペニスが勃起するのと同じですね)、「お前のマンコがゆるいからわしゃイケないんじゃ!」と責めるのは八つ当たり的な暴力でしょう。
あるいは、セックスにおける男性特権とも言えるのかもしれません。

とはいえ、女性も女性で、直接お相手をコキ下ろしはしなくとも、友人との猥談で「あいつマジ小さすぎ/早すぎ/ヘタすぎて気持ちよくなれないしイケないわ~」と嘲笑する(または深刻な相談の場合もあるかもしれません)ことはあるようなのですが。

「イケないのはあなた(=男)のオナニーの仕方が悪いせいです(女性に問題はありません)」という知識が広まると、不当に批難される女性、あるいは「自分(のユルマン)が悪いの……?」と悩む女性が減るきっかけになると思います。

これは啓蒙的な知識としてもっと語られて良い。ただ、ひとつだけ良いですか。

小堀先生は「間違ったマスターベーションの方法の代表」として以下の3点をあげています。

●床オナ(床にペニスをこすりつけて射精に至る)

●強く握りすぎ

●仰向けで足を伸ばしていないと射精できない

小堀先生は「こうした誤ったマスターベーションをしている方は、できるだけ早急に正しいマスターベーションをするように心がけてくださいね」と文を結んでいるのですが、キムタクの顔をして「ちょっ、待てよ」と言わせて欲しい。

これを読んだ多くの男性が「正しいオナニーってなによ……?」と疑問に思っているはずなんです。小堀先生、教えてよ!

実は私は、「仰向けで足を伸ばしてするオナニーが間違っている」と書かれていることに驚いてしまいました。

足を伸ばしてすると、イキやすいという実感があるから(これは足を伸ばしたことにより、ペニス周辺の筋肉にテンションがかかり、射精の際の筋肉の痙攣を誘発するかららしい。

原稿を書いていてまたひとつ賢くなってしまった……)、仰向けじゃなくてもすげえやってた……!

男性でも思春期を過ぎてしまうと、「お前どういうオナニーしてる?」なんて酒場の話題にもならない。

それゆえに「俺のやり方、変なんだ……」とずっと大人になるまで気づかない男性は少なくないのではないでしょうか。特に、握力問題。

AVの自慰シーンなどを視聴することで、床オナや脚ピンは、「正攻法じゃないらしい」と気付くチャンスがありますが、どの程度の強さでシゴくのが正しいのかは、映像ではわかりません。

強く握り過ぎない程度の圧力ってどのくらい?「大人になって膣内射精障害で困ることがあるかも……!」という危険があるなら、それこそ義務教育のうちに学校で教えたって良いくらいなのでは、と思います。

倫理・道徳的に自慰が悪徳とされているなら難しいかもしれないですが。

なお、一般社団法人日本生殖医学会が「不妊症 Q&A」でまとめているところによれば、誤ったマスターベーションの方法に慣れてしまった人向けに、器具を用いて方法を矯正できるか試みる、とあります。

「器具……?」と気になってさらに調べていたら「膣内射精障害患者に対するマスターベーションエイドを用いた射精リハビリテーション」という論文を発見。

膣内射精障害の男性16名(うち、10名で間違ったオナニーをしている)に対してマスターベーションエイド(マスターベーション補助具)を配布し、改善が認められたかを報告しているんですが、そこで用いられた器具というのがTENGAだったことに驚きです。

論文中ではTENGAの利点が多数挙げられていてベタ褒めに近い状態。TENGAすげえな……。

その結果、16例中12例(75%)でTENGAを使った射精が可能となり、間違ったオナニーをしている10例でも7例(70%)がTENGAで射精できている。

さらに5例(全体の31%)では膣内射精が可能となったとあり、医療の現場でも実力十分のようです。

ただ、膣内射精が可能となるまでにリハビリ開始から2~9カ月もかかっているとあるんですよ。
これは矯正が予想以上に難しいことを印象付けます。

また、間違ったオナニーで床オナ(論文中ではpush法という表現)をしていた3例では、TENGAで射精できたのはわずかの1例、膣内射精にいたったケースはゼロという結果になっています。

床オナしている人、いますぐ止めた方が良い……!学校でも「床オナだけはダメだ!」と指導要綱に加えた方が良いのかも……。

【引用元:messy】

関連記事

1件のコメント

  1. 1
    匿名 says:
    ID:MTcyOTU0NjM2

    長いだけで何の情報もなし

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について