熟睡中の男性宅に忍び込み逆レイプした26歳女性を逮捕!!「前から目をつけていた」

シャンテイ・ギルマン

日本でも夏場から秋にかけては、わいせつな事件を引き起こす人間が目立つが、海の向こうアメリカでは、若い美女が男性宅に侵入し、無理やり性行為に及ぶという、前代未聞の事件が発生している。

逮捕されたシャンテイ・ギルマン(26歳)は、2013年6月、シアトル市内のアパートに住む、当時31歳の男性に対し、深夜2時頃、彼が自宅で就寝しているところに侵入。

熟睡中の彼の両手を縛りあげ、自由を奪った末に、強引に性行為に及んだという。

世界的に見れば、こうした「夜這い」型の性犯罪は後を絶たないが、それでも、大半は男性が女性を襲うというもので、こうした女性側からの犯行は珍しい。

なお、被害に遭った男性は、被疑者であるギルマンとは面識がなかったというが、警察の調べによると、彼が隣人の誕生パーティに参加した際に、ギルマンは彼の存在を知り、かねてより目をつけていたという。

とかく、世の男性陣は、性犯罪による被害は自分とは無縁であると考えがちだが、こうした事例もあることを、忘れてはならない。

【引用元:AOLニュース】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について