【相模原殺傷事件】植松聖容疑者に該当する無差別大量殺人犯「6つの要因」/被害者の実名を伏せる神奈川県警の“二重の差別”支援団体からも疑問

植松聖容疑者

ナチスドイツの「優生思想」にかぶれたかのように、無辜の命を次々と葬り去っていった植松聖(26)。

が、その凶行にたおれた方々の情報は、いっこうに伝わってこない。

警察当局の“計らい”で身元が秘匿されているというのだから、実におかしな話ではないか――。

相模原市の障害者福祉施設「津久井やまゆり園」で起きた事件では、19名の入所者が死亡、26名が重傷を負った。が、今回、県警が公表したのは、被害者の性別と年齢のみ。

殺人事件においては通常、各都道府県警はおしなべて犠牲者の氏名を公表するのが原則であるから、実に奇妙な対応がとられたことになる。

神奈川県警担当記者が言う。
「県警によれば、事件当日に19人の遺族全員を対象に個別の聞き取りをしたところ、全員が氏名公表を望まなかったとのことでした。障害者福祉施設での犯行という事情も勘案し、特例として非公表にしたというのです」

メディアにとっては、報じようにも素材がないのである。
ひとたび事件が発生すると、加害者については“実名報道”をめぐる議論がしばしば湧き起こるところだが、今回のようなケースはいわば稀。

とはいえ、「一律匿名での発表という扱いには、大いに違和感を覚えます」

そう話すのは、立教大学の服部孝章名誉教授(メディア法)である。

「『個人情報保護』『捜査情報非開示』などと理由を並べ立てますが、明らかに他の事件との扱いが異なっています。

理由づけも曖昧なまま、このように非公開とするのは、人間の死に対する差別とも言えます」

プライバシーの尊重などといえば聞こえはいいが、現状では“二重の差別”を生んでいるというのだ。

「遺族によっては『闇から闇に葬られたくない』という方もいます。

1人の人生が報道されずに時が経つことに違和感を持つのです。

匿名か実名かについては各マスコミの責任であって、公的機関が決めるべき問題ではありません」(同)

実際に、障害者を支援する団体からも疑義を呈する声が上がっている。

全国知的障害者施設家族会連合会の由岐透理事長が言う。
「警察の判断で名前を伏せたというのは、あまりに衝撃的な事件を前にして、知的障害者だからと勝手に忖度しているような気がしてなりません。

どんな事件であれ、亡くなった人の名前や年齢は公表されるのに、この取り扱いはおかしいと思います」

あわせて遺族にも、提言があるという。

「我々のような障害を持つ者の家族が『隠したい』という姿勢をとれば、いくら運動の中で『障害があっても健常者と同じ人間』と訴え続けたところで、言っていることと違うのではないか、との疑問を抱かれかねません。どんな思いで警察に伝えたのか、遺族の皆さんにも、もっと議論を深めてほしいのです」

ジャーナリストの徳岡孝夫氏も、「言論の自由か個人のプライバシーかという問題は永遠のテーマではありますが、安否情報という観点からは報じる必要があるでしょう。また、いかに些細な事柄であれ、今回のように当局が一つ隠し始めると、隠すことへのハードルがどんどん下がっていくのです」

そう危惧するのだ。

「かつてソ連が反体制運動家のアンドレイ・サハロフ博士を抑え込み、あるいは中国が天安門事件を隠蔽した。こうして、言論の自由は確実に衰えていくことになります」(同)

つまりは「危険思想」への一里塚に他ならないというわけだ。

選択の余地を排除し、独断で各メディアを縛りつけた格好の神奈川県警に尋ねると、

「質問されても一日では答えられないと考えてほしい。回答する場合は、来庁してもらう」(広報県民課報道係)

などとしながら、

「方針は変えるつもりはありません」

と、木で鼻をくくった“お返事”が戻ってきたのだった。

■【相模原殺傷】植松容疑者に該当する無差別大量殺人犯「6つの要因」

〈ヒトラーの思想が2週間前に降りてきた〉

7月26日未明、相模原市にある障害者福祉施設「津久井やまゆり園」で入所者45人を殺傷した植松聖(26)は、今年2月に緊急措置入院させられた際、医師にこう話していた。

その直前、大島理森衆院議長に宛て、知的障害者の大量殺害を予告する手紙を渡していたのはすでに報じられた通り。

書面で植松は、〈逮捕後の監禁は最長で2年までとし、その後は自由な人生を送らせて下さい。心神喪失による無罪。新しい名前(伊黒崇)本籍、運転免許証等の生活に必要な書類、美容整形による一般社会への擬態。金銭的支援5億円。これらを確約して頂ければと考えております〉などと、あらん限りの身勝手を書き連ねていたのだった。

神奈川県警の捜査関係者が言う。
「犠牲者の遺族へは『突然のお別れをさせるようになってしまい、心から謝罪したい』などと口にする一方、相変わらず亡くなった19人に対しては何一つ謝罪や反省の言動が見られません。

本人は取り調べに対して雄弁な日と黙り込む日があるなど、気分の浮き沈みが激しい。

喋る時は理路整然とし、内容にブレがないため、我々も無理に喋らせようとはしていません」

入院中の尿検査では大麻の陽性反応が出ており、「大麻精神病」「妄想性障害」などと診断されていた。

「27日の家宅捜索でも、自宅からビニール小袋に入った大麻が押収されました。0・005グラムと微量のため、使用済みの残留片だとみられています」(神奈川県警担当記者)

■6つの要因
薬物の作用と相まって、まさに狂気に拍車がかかった格好なのだが、『無差別殺人の精神分析』(新潮社刊)の著者である精神科医の片田珠美氏に聞くと、

「米国の犯罪学者であるレヴィンとフォックスによれば、今回のような典型的な無差別大量殺人の犯人には6つの要因があるとされています」

というのだ。

「その1つ目として、まず『長期間にわたる欲求不満』が挙げられます。今回の容疑者は身近な人に職場の不満を述べていたとのことで該当します。

2つ目は『他責的傾向』。人生がうまくいかないのを他人のせいにし、責任転嫁しようとするのです。

彼もまた施設を恨み、職員を恨み、そして入所者である障害者までと、その傾向は顕著にみられます。

『自分だけが理不尽な扱いを受けている』といった被害妄想があった可能性も、大いにあります」

〈同時刻にドイツで銃乱射。玩具なら楽しいのに〉(植松聖のツイッターより)

さもなくば、犯行予告をしたためた手紙を堂々と手渡せるはずなどない。そして3つ目は、「『破滅的な喪失』というもの。

すなわち、ある種の喪失体験をした際に『自分は破滅した』と受け止めてしまうのです。

彼の場合は失職、さらには2月の措置入院が重要な出来事にあたります。

自傷他害のおそれがある人を、警察を経由して都道府県知事の命令で入院させる手続きですが、一方で彼は常々『障害者は死ねばいい』と言い放ち、侮蔑の対象として見ていた。

そんな自身が、強制的な入院を余儀なくされてしまったわけです。これを境に自分が精神障害者となり、それまで忌み嫌ってきた知的障害者と同じカテゴリーになってしまった、との念を抱くに至ったのではないでしょうか」

■残る3つは…
さらに続けて、

「『外部のきっかけ(コピーキャット)』が4つ目。これは先行する無差別大量殺人の模倣という意味です。

例えば、加藤智大死刑囚による秋葉原通り魔事件は2008年6月に発生しましたが、その直前の3月には、茨城の土浦市でも刃物を用いた大量殺傷が起きています」

としながら、

「今回の場合、最近欧米で多発しているテロを模倣した可能性は非常に高い。実際、彼のツイッターには、事件3日前の7月23日、ドイツ・ミュンヘンのマクドナルドでの銃乱射事件について触れた箇所があります」

その数日前には、フランスのニースで「トラック突入テロ」が起きたのはご存じの通り。

社会への不満に起因する大量殺人に触発されたおそれは否めない。加えて、「5つ目に『社会的心理的な孤立』。

容疑者も一人暮らしで、失職して職場との繋がりも失っていました。そして最後が『大量破壊のための武器入手』。今回、刃物の入手はたやすかったと思われます」

6つの要因すべてに該当する植松は、まさしく“選りすぐりの殺人鬼”というわけだ。

「週刊新潮」2016年8月11・18日夏季特大号

【引用元:デイリー新潮】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について