兵庫県加古川・大山真白さん殺害事件の容疑者・礒野和晃「手が付けられないワル」で借金取立てに同行/「外でのこぎり振り回す」容疑者に粗暴な一面/「ハンマーで何度も殴った」と供述

礒野和晃

昨年12月(2015年)、兵庫県加古川市の河川敷で吹田市の大山真白さん(20)が遺体で見つかった事件で、兵庫県警はきのう18日(2016年2月)、加古川市のアルバイト礒野和晃(21)を殺人容疑で逮捕した。動機は不明だ。

大山さんは12月6日、吹田市内で友人と会い、「これから加古川へ行く」と別れたあと不明となり、12日に加古川の川の中州で遺体で見つかった。死因は脳挫滅などで、頭部を激しく殴られていた。

大山さんが自宅に残したメモに、「私の身に何かあったら疑って欲しい人物」として、「りゅうのすけ」という名前が記されていた。この人物の特定に時間がかかったが、県警が礒野に任意で事情を聴いていたところ、殺害を認めたという。

大山さんは元交際相手の男性との間に金銭トラブルがあり、その話し合いに大山さんと一緒に現れたのが礒野だった。男性によると、礒野は取り立て屋のように喧嘩腰で脅迫したという。

大山さんは神戸市のタレント養成専門学校で学んでいた。昨年に卒業した後は吹田市で一人暮らしだった。アルバイトをしながら声優を目指していたという。

礒野は12月7日午前2時頃、河川敷で大山さんの頭を何度も殴ったと供述した。礒野の自宅は犯行現場から3キロほどの場所だった。近所の話では、礒野は素行が悪く、親も手がつけられないようなワルだったという。

礒野と大山さんがどのような関係だったのかはわからない。大山さんは加古川へ行く直前に100万円近くを銀行口座から引き出していたが、この金と礒野の結びつきもわかっていない。

司会の小倉智昭「大山さんが礒野容疑者と一緒にお金の取り立てに来たということですか」

岸本哲也レポーター「大山さんの元交際相手の借金の取り立てに同行していたわけですが、交際関係はなかったようです。大山さんとの間に金銭トラブルがあったのではないかと見られています」

小倉「20歳の女性が100万円を貯めるには相当一生懸命にしないとね。それで何が起こったのか。妙ですね、私の身に何かあったらと言っている」

中瀬ゆかり(新潮社出版部長)「身の危険を感じていたんでしょうね」

岸本「大山さんの遺体が見つかった日に、礒野容疑者が『大山さんと連絡がつかない。何か知らないか』と元交際相手の男性の勤務先を訪ねています。男性は休みだったため、同僚に伝言していたといいます。偽装とも考えられるのですが・・・」

筋書きをたどると、ことは案外単純だ。登場人物も少ない。それにしては、兵庫県警はずいぶん時間をかけている。100万円が何のための金だったのか、気になる。

【引用元:J-CASTテレビウォッチ】

■加古川女性殺害 「外でのこぎり振り回す」容疑者に粗暴な一面 「やってない」と周囲に関与否定

兵庫県加古川市の加古川で昨年12月に大阪府吹田市のアルバイト店員、大山真白(ましろ)さん(20)が遺体で見つかった事件で、殺人容疑で逮捕された礒野(いその)和晃容疑者(21)は犯行後、周囲に事件への関与を否定するような言動を繰り返していた。

大山さんを捜すそぶりを見せたりしていたという。逮捕から一夜明けた19日、礒野容疑者の親族は取材に対し「申し訳ない」と頭を下げた。

「ただもう、被害者や遺族に対して申し訳ない」

礒野容疑者と一緒に暮らす祖父は報道陣の取材に応じ、うつむき加減で言葉少なに語った。日常的に礒野容疑者と接する中で、特段変わった様子も見られなかったという。

「自分はやってない」

礒野容疑者はアルバイト先の食料品店から兵庫県警加古川署に同行を求められる直前、店の社長(48)にそんな趣旨の発言をしていた。

大山さんが遺体で発見される前日夜には、大山さんの元交際相手の勤務先を訪れ、「大山さんと連絡がつかない。何か知ってるやろ」と尋ねていたという。

事件の背景には金銭トラブルがあったとみられている。礒野容疑者は金に困った様子はなかったが、周囲に国産高級車「レクサス」がほしいと話していた。

大山さんが元交際相手に貸していた現金約20万円の取り立てを引き受けた動機については「返済してもらえば大山さんから返済額の一部を受け取れる。金になる」と話していたという。

礒野容疑者は周囲とトラブルを起こしていたといい、髪を明るく染めてバイクを乗り回す姿は、近隣住民らにたびたび目撃されていた。

近所の60代男性は「中学校ぐらいから不良になっていった。学校もまともに通っていなかったのでは」と振り返る。知人の20代男性も「外でのこぎりを振り回すこともあったし、すぐにかっとなってけんか早いタイプだった」と明かした。

声優を夢見ていた大山さんを知る人々には改めて無念の思いがこみ上げる。

声優を目指す大山さんとラジオ番組を制作していた男性は「発声や相づちの打ち方を研究していた」と勉強熱心な姿を振り返る。

男性が体調不良で収録の延期を申し出たときは《おだいじにです。早く治りますように》とのメールが送られてきたといい、男性は「見返すとつらい」と言葉を振り絞った。

【引用元:産経新聞】2月19日(金)13時38分配信

■兵庫・20歳女性殺害、逮捕の男「ハンマーで何度も殴った」

兵庫県加古川市で20歳の女性が殺害された事件で、逮捕された男は、「ハンマーで何度も殴って殺害した」と供述しているということです。

 加古川市のアルバイト店員の礒野和晃容疑者(21)は、去年12月、加古川の河原付近で、知人の大阪府吹田市のアルバイト店員・大山真白さん(20)を殺害したとして、18日、逮捕されました。

 警察へのその後の取材で、礒野容疑者は、「大山さんの頭をハンマーで何度も殴り殺害した。ハンマーは川に捨てた」と供述していることがわかりました。警察のこれまでの捜索では、ハンマーは見つかっていないということです。

 大山さんは去年の夏ごろに、元交際相手の男性との金銭トラブルを解決するために礒野容疑者と知り合ったということですが、大山さんの自宅には、「自分に何かあったら疑ってほしい人物がいる」と礒野容疑者を示唆する内容のメモがあったことから、捜査線上に浮上していました。

 「(事件)直後に警察の方が、(礒野容疑者の)家に行って。うちの店で働いている、タイムカードを提出してくださいと」(礒野容疑者のアルバイト先の社長)

 警察は、2人の間にも何らかのトラブルが生じたとみて捜査しています。(19日11:35)

【引用元:TBS系(JNN)】

■兵庫・女性殺害 逮捕男、あらかじめハンマー用意し2人で現場へ

兵庫・加古川市で20歳の女性を殺害した疑いで逮捕された男が、あらかじめハンマーを用意して、女性と2人で殺害現場とみられる河川敷まで、歩いて向かっていたことがわかった。

アルバイト店員・礒野和晃容疑者(21)は2015年12月、加古川市で知人の大山真白さん(当時20)を殺害した疑いで、18日、逮捕された。

加古川の中州から遺体で見つかった大山さんの頭には、およそ10カ所の傷があり、頭蓋骨が陥没するほど、強く殴られていた。

礒野容疑者は、「ハンマーで何度も殴った」と容疑を認めているほか、大山さんと会う前に、あらかじめハンマーを用意していたことが新たにわかった。

また、大阪から来た大山さんと、JR加古川駅の近くで合流し、2人で河川敷に歩いて向かう姿が確認されていた。

大山さんの自宅からは、「私に何かあれば疑ってほしい」というメモが見つかっているが、メモの中には、礒野容疑者が使っていた「りゅうのすけ」という偽名が記されていたという。

礒野容疑者を知る人は「(小学生の時は)むかついて、バーンて殴ったりとか、ナイフを振り回したりとかしていましたね」と話した。

警察は、礒野容疑者が大山さんを呼び出して、河川敷で計画的に殺害し、すぐ近くで遺棄したとみて調べを進めている。
最終更新:2月19日(金)12時14分

【引用元:フジテレビ系(FNN)】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について