切りつけ事件発生の東京サマーランドが「休園」に! 女性尻切りつけ発覚後もプール営業

サマーランド 切りつけ

女性客9人が尻などを切り付けられる傷害事件が2016年8月21日にあった東京サマーランド(東京都あきる野市)が、被害をアナウンスせず通常営業も継続したことにネット上で批判が相次いでいる。

一方、サマーランドでは22日、安全管理体制が整うまで23日から休園することをホームページ上で明らかにした。

「なんで施設側はなんのアナウンスも避難勧告も出さなかったの?」
「切りつけ事件発生も営業継続とは… 犯人逃走中なのに」

「最初2人の被害訴えでは、事件ではないと考えた」

被害発生後の東京サマーランドの対応が明らかになると、ニュースのコメント欄などでは、こんな疑問や批判の書き込みが多くの支持を集めた。

8月21日は、猛暑の日曜日ともあって約1万4000人の入園者があり、今シーズンで4番目の人出となった。

被害のあった屋内のコバルトビーチは、流れるプールとして人気で、1時間おきの人工的な波が出るときは、満員電車のような混雑だったという。

東京サマーランドなどによると、この日13時からの波の後に、若い女性2人がお尻を切られたと被害を訴え、傷が大きくて事件性も捨てきれないため、警備員が20分後に110番通報した。

コメント欄では、警察がプールサイドで14時の波の警戒をしていたとの報告もあったが、実際には、女性の友人らから警察が話を聞いていたという。

この時点で場内アナウンスをしたり、営業を中止したりしなかった理由について、サマーランドの企画宣伝部では、J-CASTニュースの取材に次のように説明する。

「この時点では、切られたかははっきり分かりませんでした。お客さまが持っておられるプラスチック片で切ったけがなども過去にありましたので、今回もそうした可能性があり、事件ではないと考えていました」

しかし、14時からの波で、今度は6人が似たような被害を訴えた。

夜になって被害を訴えた1人も含めて9人の被害者は、18~24歳の女性で、中には10センチも切られたり、下腹部を狙われたりしたケースもあった。
プールから出て被害に気づく人が大半だったという。

8月22日夕現在、犯人は分かっていないが、テレビなどで流された被害者らの話によると、不審な男がいたという情報のほか、子供ではないかという目撃談もあった。

14時からの波で6人の被害が出た後、東京サマーランドでは、15時以降の波を中止したほか、警察が15時過ぎから東京サマーランドの出口で手荷物検査を始めた。

男性客に絞って刃物などを持っていないかチェックしたが、なぜ男性客だけなのかは分からないという。

その後も事件のアナウンスはせず、プールの営業を継続していた。

企画宣伝部の担当者は、「『不審者がいます』などとアナウンスすると、お客さまがパニック状態になる可能性があります。警察と協議した結果、アナウンスは控えることにしました。波がなくなれば人出が減りますので、徐々に減らして、営業を早めに終えることにしたということです」と説明する。

ただ、プールの営業を終了したのは、通常より30分早いだけの19時だ。

この点についても、終了を早くしすぎるとパニックになると考えたからだと言っている。

サマーランドでは、痴漢被害も見られるため、警視庁福生署がシーズン前、波の出る時間帯でのコバルトビーチ入場制限を申し入れていた。

それでも制限しなかった理由については、「楽しみに来ておられるお客さまのご迷惑にもなりますので、警備を強化したり、防犯カメラを設置したりすることで対応しました」としている。

休園はいつまで続くのか。ホームページ上には説明はない。

【引用元:J-CASTニュース】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について