同級生とのケンカで小4男児が死亡…傷害で児相に通告 東京・足立区

同級生とのケンカで小4男児が死亡…傷害で児相に通告 東京・足立区

東京都足立区の区立小学校で今年4月、同級生とのけんかの後に意識不明になった4年生の男子児童(9)が、入院先の病院で25日に死亡したことがわかった。
警視庁は26日、司法解剖して死因を調べる。

警視庁によると、男子児童は4月14日午後、廊下でぞうきんを投げ合っていた同級生の男児(9)とけんかになり、腹や背中を殴られたという。

その後、自分の席に戻ってから意識を失い、病院に搬送された後も意識不明の状態が続いていた。

少年事件課は4月、殴った男児を傷害の非行内容で児童相談所に通告した。

【引用元:朝日新聞デジタル】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について