和歌山の発砲事件 手配の溝畑泰秀容疑者を発見も、警察官に発砲しながら逃走/覚醒剤事件で収監目前だった

和歌山市塩屋の溝畑泰秀容疑者

和歌山の発砲事件 手配の男発見 警察官に発砲し逃走

29日、和歌山市の建設会社で従業員4人が拳銃で撃たれ、1人が死亡、1人が意識不明の重体になっている事件で、30日夜、殺人などの疑いで全国に指名手配されている男が和歌山市内にいると通報があり、警察官が駆けつけたところ、車に向けて拳銃を発砲したということです。
男はそのまま逃走し、警察が行方を捜査しています。

29日午前、和歌山市塩屋の建設会社「和大興業」で、男性従業員4人が拳銃で撃たれ、石山純副さん(45)が死亡し、1人が意識不明の重体、2人が大けがをしました。

警察は、経営者の次男で、以前この会社で働いていた溝畑泰秀容疑者(45)の逮捕状を取り、殺人などの疑いで全国に指名手配していました。

その後、逃走に使われたと見られる車がJR和歌山駅の近くで見つかり、警察は防犯カメラの映像を分析するなどして行方を捜査していました。

警察によりますと、30日午後9時すぎ、建設会社の元従業員から「和歌山市内で自転車に乗った溝畑容疑者を見た」と通報があり、駆けつけた警察官が溝畑容疑者を見つけて職務質問しようとしたところ、パトカーに向けて拳銃を4発発砲したということです。

パトカーは窓ガラスが割れ、溝畑容疑者は自転車を乗り捨てて、走って逃走したということです。警察が行方を捜査しています。

【引用元:NHKニュース】

■和歌山の発砲男 覚醒剤事件で収監目前だった

和歌山市の建設会社「和大興業」で29日朝、従業員4人が撃たれ死傷した事件で、和歌山県警は同日、殺人と殺人未遂の疑いで同社代表取締役の次男で元従業員の溝畑泰秀容疑者(45)の逮捕状を取り、全国に指名手配した。

溝畑容疑者は昨年、覚醒剤使用事件で逮捕、起訴され8月、実刑判決が確定。

事件があった29日午前にも収監される予定だったという。

県警は収監後の処遇などをめぐるトラブルが動機の可能性もあるとみて調べている。

溝畑容疑者は事件後、拳銃を持ったまま会社の車で逃走。

車は29日午後3時ごろ、JR和歌山駅そばの駐車場に止められているのが見つかった。

周辺の防犯カメラには溝畑容疑者と似た人物が駅方向に立ち去る様子が写っていた。

県警は溝畑容疑者が駅から電車やバスに乗り換えた可能性が高いと判断。

隣接する大阪府警や奈良県警に協力も求め、行方を追っている。

【引用元:ZAKZAK(夕刊フジ)】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について