和田正弁護士のペニス切断 小番(こつがい)一騎容疑者の妻は被害者から強姦されたと説明/元ボクサー平成の阿部定事件のイタすぎる現実

小番一騎

8月13日、慶應大学法科大学院生で元プロボクサーの小番一騎容疑者(こつがい・いっき・24才)が傷害罪で逮捕された。

小番容疑者は、同日早朝、妻(25才)が事務員を務める東京・港区内の法律事務所で、男性弁護士のA氏(42才)の顔面を何度も殴り、意識が朦朧としたA氏のズボンをおもむろに脱がせると、彼のペニスを持参した枝切りばさみ(全長20cm、刃渡り6cm)で根元から切り落とした。

切り取った陰茎部分を握りしめて部屋を飛び出ると、ビル内の共用トイレに流してしまった。

<↓が、チンコを切断された和田正弁護士の写真>
ペニスを切断された和田正弁護士

「小番容疑者と妻は結婚2年目で、生活費を含めて妻が家計を支えていました。近所でも有名な仲睦まじい夫婦だったんですが、その一方で、妻は上司であるこのA氏と男女トラブルを抱えていたようです。

A氏も既婚者で、4人の子を持つ父親でもあるんですが、“フェラーリに乗りたいから弁護士になった”なんて豪語しちゃうような、ノリの軽いところもあったようです。

当日は朝から3人で話し合いが行われていたんですが、途中でA氏の言い分に小番容疑者が激昂して、ボコボコにしたみたいで…。

その場にいた妻は、夫がおぞましい行為に及ぶ間、呆然と見ているだけで、止めることもしなかったといいます」(全国紙記者)

通報を受けた赤坂署員が駆けつけると、局部が血だらけのA氏が息も絶え絶えで室内に横たわり、近くにいた小番容疑者が関与を認めたため、現行犯逮捕された。

A氏は命に別状はないが、署員たちの懸命な下水道捜索もむなしく、流されたペニスはいまだ見つかっていない。

捜査関係者によれば、A氏と妻は肉体関係があり、それを知った小番容疑者が問い詰めると、妻は“彼に強姦された”と言い訳をしたのだという。

【引用元:NEWSポストセブン】

■元ボクサー平成の阿部定事件 「局部切断」のイタすぎる現実

男性の局部がハサミで切断されるという、誰もが顔をしかめる事件が起きた。

傷害容疑で逮捕されたのは、慶応義塾大法科大学院生の小番(こつがい)一騎容疑者(24)。

8月13日午前7時40分ごろ、東京都港区のビル4階にある法律事務所で、男性弁護士(42)の顔を数回殴り、意識もうろうとなって倒れたところをズボンを脱がして、持っていた枝切りバサミ(全長約20センチ、刃渡り6センチ)で局部を切断した疑い。
局部はトイレに流したという。

平成の、男版阿部定事件だ。

お盆休み期間の早朝で、閑散とした事務所内での異様な光景だが、現場には小番容疑者の20代の妻もいた。この事務所で働いていて、男性の担当職員だった。

昨春、男性がこの事務所に移籍してきたときに、一緒に移ってきたという。男性を知る法曹関係者は、

「企業法務が専門で、非常に能力が高い先生だ。担当職員が弁護士と一緒に移籍するのは珍しいことではない。

小番容疑者の妻は、仕事は真面目だが、地味なタイプで、あまり印象がない。男関係が派手な印象もなく、結婚していたことも知らなかった」

と話すが、3人の間には、交際をめぐるトラブルがあったとみられ、事件当日について小番容疑者は「話し合いをしていた」と供述しているという。

強行手段に出た小番容疑者は、2011年にボクシングのプロテストに合格し、都内のボクシングジムに所属。

だが、実績はなく、現在はジムも辞め、法曹界を目指して勉強中の身。愛する妻と、やり手の弁護士の間に挟まれて、プライドが傷ついてしまったのか。

それにしても、気になるのは男性の体だ。泌尿器科の医師に聞くと、

「局部には太い血管はないので、出血さえ止まれば命に別条はありません。尿道は残っていますし、簡単な処置で済む。尿道を締める筋肉は、体の奥にあるので、尿が漏れることもありません」

と、何ともあっさりした答えが返ってきた。ただ、性的な意味では、救いがないようで、

「トイレで流されてしまった局部は、縫合が難しい。睾丸が残っているので、精子を作ることはでき、長さが残っていれば、射精もできるかもしれませんが、性行為はできないでしょう。シリコンなどで人工的に形成してもこれまで同様にはできません」(前出の医師)

何ともイタいKOだ。

※週刊朝日 2015年8月28日号

【引用元:dot.】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について