埼玉・加須市が防災メールの改修中に「ゲリラ攻撃」と誤配信www

「ゲリラ攻撃」と誤配信www

11日夕方、埼玉県加須市が市民を対象に行っている防犯や災害情報のメール配信サービスで、「この地域にゲリラ攻撃の可能性があります」などと誤った情報を配信していたことが分かり、市はおよそ1時間後に訂正のメールを送って謝罪しました。

加須市によりますと、市は11日午後4時すぎ、市民を対象に行っている防犯や災害情報などのメール配信サービスで「この地域にゲリラ攻撃の可能性があります。

屋内に避難し、テレビ・ラジオをつけてください」などという情報を、登録している4250人に誤って配信したということです。

ゲリラ攻撃警報

配信されたコメントは、国が自治体に情報を伝える「J-ALERT」の文面で、委託された業者がシステムを改修中に誤って送信してしまったということです。

加須市は、サービスに登録している職員からの連絡で誤送信に気づき、およそ1時間後に訂正メールを送って謝罪しました。

加須市の危機管理防災課は、「ご利用の皆様方に多大なるご迷惑をおかけし、大変申し訳ございませんでした」とコメントしています。

【引用元:NHKニュース】

関連記事

1件のコメント

  1. 1
    匿名 says:
    ID:MTgyMjYxNDA1

    ある意味、合っている。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について