堺市立榎小学校の教師が小5男児を平手打ち、頭を下げて謝っているのに、頭を机に打ち付ける…41歳教諭を書類送検

堺市立榎小学校

堺市立榎小学校で6月、5年生の男子児童(10)を平手打ちし、額を机に強打させたとして、大阪府警堺署は17日、男児の担任だった男性教諭(41)を傷害容疑で書類送検した。

同署によると、男児は額を切るけが。教諭は「床に落ちたプリントを乱雑に取り上げたので腹が立った」などと容疑を認めている。

市教育委員会によると、男児はその後授業を休みがちになり、2学期からは体調不良を訴え入院している。

教諭は7月に担任を外れ、今月から教育指導の研修を受けている。

送検容疑は6月23日午後3時40分ごろ、教室で男児の後頭部を平手打ちしたほか、頭を下げて謝った男児を殴打して額を机に打ち付けさせ、けがをさせた疑い。

市教委は「体罰根絶に向けて取り組んでいたが、誠に申し訳ない。再発防止に向け人権意識の向上を図りたい」とし、教諭の処分も検討している。

【引用元:時事通信】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について