小学校の授業で、イスラム国人質事件被害者の後藤健二氏と湯川遥菜氏「遺体画像」を教材として使用!! 近隣住民からは不安の声…愛知

後藤健二イスラム国首切り斬首

名古屋市の市立小学校で五年生の授業中、過激派組織「イスラム国」によって殺害されたとみられる日本人男性の遺体の画像を、児童三十六人に見せていたことが分かった。

名古屋市教委などによると、三日午後の社会科授業で担任教諭が「イスラム国」とみられるグループがインターネット上に公開した映像の一部を加工し、教材として使用した。

「情報を生かす私たち」をテーマにした授業で、静止画像二枚を教室のテレビに映し出した。

見せたのは、湯川遥菜(はるな)さん(42)とみられる遺体と、同じく拘束されていた後藤健二さん(47)とみられる男性が黒ずくめの覆面姿の男の前でひざまずかされた様子。ぼかしなどの修整はしていなかった。

教諭は事前に「見たくない人は見なくていい」と説明し、授業後に体調を崩した児童はいなかったという。

小学校の近くの住民からは「小さい子どもがいるが、将来、そんな学校に入学させるのは不安」と疑問視する声も上がっている。

市教委は「今後、学校に指導する」と説明。
同校の校長は「子どもに見せたのは不適切だった。今後、子どもや保護者に説明する」と釈明した。

【引用元:中日新聞】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について