島根県出雲市立小学校6年の女子児童が修学旅行先のホテル浴室で溺死

大浴場

島根県出雲市教委は30日、市立小学校6年の女子児童(11)が29日に修学旅行先の広島県内のホテルの風呂で亡くなったと発表した。死因は溺死(できし)という。

女児は旅行前、体調がすぐれないとして親が学校に相談していた。

市教委によると、女児は29日午後8時45分ごろ、廿日市市のホテルで他の児童13人とともに入浴。

同9時すぎ、女児だけが出て来ないことに更衣室にいた女性教員(48)が気づいた。

女児は浴槽に仰向けで沈んでいて、搬送先の病院で死亡が確認された。

女児は6月に自宅で入浴した際に意識がもうろうとし、9月に入ってからも気分が悪くなったことがあり、13日に母親が教員と面談し、旅行先での配慮を求めていた。

修学旅行は同じ地域の2校による合同旅行で、両校は女児の情報を共有。

更衣室にいたのは女児とは別の学校の教員で浴室にも出入りしたとしているが、「暗くて湯気もあり、分からなかった」と話しているという。

会見した槇野信幸教育長は「旅行での管理状況が適切だったかどうか検証したい」と話した。

【引用元:朝日新聞デジタル】

島根県出雲市教育委員会は30日、同市立小学校6年の女子児童(11)が29日に修学旅行先の広島県廿日市市のホテル浴室で溺死したと発表した。

同校は旅行前、女児が入浴中に体調に異変があったと保護者から聞いていたが、浴室では女児に対する特別な配慮をしていなかったという。

発表によると、29日午後9時5分頃、女性教諭(48)がホテルの浴槽にあおむけで沈んでいる女児を発見。女児は搬送先の病院で死亡が確認された。

女児は約20分前に他の児童13人と一緒に入浴し、教諭は浴室内を1度見回ったが、照明が暗く、他の児童を含めて異変に気付かなかったという。
広島県警は検視の結果、事件性はないと判断した。

女児の保護者は旅行前、6月に自宅で入浴中に意識がもうろうとしたことがあったとして、学校側に配慮を要望。

旅行は市内の別の小学校と合同で行われており、浴室を見回ったのは別の学校の教諭だった。

槙野信幸教育長は「安全確認の態勢や人員配置が不十分だった」と陳謝した。

【引用元:読売新聞】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について