球界騒然! NPB“手配書”配布の元暴力団組長逮捕 巨人・原前監督「1億円不倫事件」黒幕に照準か

巨人揺すった組長

球場に頻繁に出入りする要注意人物として、日本野球機構(NPB)から“手配書”を12球団に回されていた元暴力団組長が、逮捕されていたことが18日に明らかになった。

8月に巨人が別の元暴力団員から脅迫電話を受けた騒動との関連も注目されており、球界周辺は騒然としている。

警視庁に逮捕されたのは指定暴力団住吉会系の元組長、井上忍容疑者(44)。

今春に東京・六本木の飲食店で、ホステスの女性の顔に氷を投げてケガをさせた疑い。

逮捕容疑とNPBの手配書に直接の関係はないが、井上容疑者は数年前から身分を隠して球界に人脈を広げていた。

NPBの調査によると8球団約30選手(引退した選手含む)らと接触。

関係者用の入場パスを発行してもらい、試合前練習中のグラウンドなど球場にも頻繁に出入りしていた。

事態を把握したNPBは井上容疑者に6月16日付で内容証明書を送付。

入場券の販売と12球団全球場への出入りを拒否する旨を通告し、選手と接触しないよう求めた。

各球団にも注意喚起がなされ、同容疑者の実名、携帯電話番号などが明記された顔写真付きの“手配書”がロッカールームなどに掲出された。

また、井上容疑者と交際して選手との橋渡し役を務めたとして、NPBは巨人OBの橋本清氏に対しても、選手と接触しないよう要請していた。

井上容疑者をめぐっては、今年8月11日に別のトラブルもあった。井上容疑者の関係者を名乗る男性から巨人の元球団職員に電話があった。

この男性は、井上容疑者の言い分を代弁する形をとって、「巨人の選手と一緒に写った写真もあるし、メールのやりとりも残してある。

みんな1軍の選手ばかり十数人だ」などと黒い交際の暴露をほのめかし、「(井上容疑者の)親分筋の人は人殺しも平気でやる怖い人だ」と言い添えた。
球団側は脅迫を受けたとして警視庁に相談した。

球界関係者は「脅迫してきた男は、原監督から1億円をゆすり取ったのと同一人物だ」と明かす。

2006年に巨人・原監督(当時=現球団特別顧問)が、現役時代に不倫関係にあった女性の日記と引き換えに元暴力団組員の男性に1億円を支払った問題は、12年になって週刊文春報道で明るみに出た。

この男性はプロ野球選手(当時)の父親で、幅広い球界人脈から横浜DeNA・中畑監督(当時)を通じて、原監督とコンタクトを取っていた。

巨人に電話をかけた男性と井上容疑者の関係性は明らかでなく、今後の調べに注目が集まる。

「井上容疑者がホステスにけがをさせたのは5月。今はシーズンも終わっているし、警視庁は巨人への脅迫電話についても関心を持っているのではないか」とみる関係者もいる。

巨人にとっては、10年前の忌まわしい“亡霊”が再び襲ってきたようなものだ。

【引用元:zakzak】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について