神奈川県相模原市の津久井警察署で、暴行容疑で逮捕された男が取調室で突然意識を失い死亡

津久井警察署

4日夜、相模原市の飲食店で客の女性を殴ったとして暴行の疑いで逮捕された男が警察署の取調室で突然意識を失い、5日午前、搬送先の病院で死亡しました。

男は警察官2人に机に押さえつけられている際に意識を失ったということで警察は、詳しい死因や取り調べの状況を調べることにしています。

4日午後10時ごろ、相模原市緑区の飲食店で「妻が男に頭を殴られた」と通報があり駆けつけた警察官が住所不詳の49歳の男を暴行の疑いでその場で逮捕しました。

警察によりますと、男はその後、津久井警察署の取調室で取り調べを受けましたが イスを蹴るなど暴れだしたため、警察官2人がうつぶせの状態で両肩と胸の部分を机に押さえつけたということです。

こうした状況が断続的に1時間近く続いたあと、男は突然、意識を失い、救急車で病院に搬送されましたが5日午前11時前に死亡が確認されたということです。

警察によりますと、当時男は酒に酔っていて、警察官は後ろ手に手錠をかけた状態で押さえつけていたということです。

警察は、詳しい死因や取り調べの状況を調べることにしています。

【引用元:NHKニュース】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について