青酸化合物で殺害か!?京都で死亡した男性の妻・筧千佐子(67)を逮捕!!

千佐子

昨年12月、京都府向日市の民家で、住民の無職、筧勇夫さん=当時(75)=が死亡しているのが見つかり、遺体から青酸カリとみられる毒物が検出されたとして、京都府警は19日朝、殺人の疑いで、同居の妻で無職、千佐子容疑者(67)を逮捕した。

捜査関係者によると、「逮捕された理由はよく分かりましたが、私は絶対に殺していません」と容疑を否認している。

千佐子容疑者はこれまでに4回にわたり結婚と死別を繰り返していた。

府警は向日町署に捜査本部を設置し、殺害の詳しい経緯や薬物の入手ルートなどを調べる。

逮捕容疑は昨年12月28日夜、同市鶏冠井町(かいでちょう)大極殿の自宅で、シアン化合物を摂取させ、筧さんを青酸中毒で死亡させたとしている。

千佐子容疑者は同日午後9時50分ごろ、「夫が倒れ意識がなく、冷たくなっています」と自ら119番した。

救急隊員が駆けつけたところ、筧さんは自宅の2階居間であおむけになって倒れており、京都市内の病院に搬送したが、死亡が確認されたという。

検視の結果、血液からシアン化物イオンが検出され、府警は司法解剖するなどして詳しく捜査。

府警は筧さんが殺害されたとみて調べていた。2人は、結婚相談所を通じて知り合い、昨年11月ごろから一緒に暮らし始めたとみられる。

また、千佐子容疑者と内縁関係にあり、平成24年3月に大阪府泉佐野市でバイク事故で転倒、その後死亡した同府貝塚市の男性=当時(71)=の血液からも、青酸化合物が検出されていたことが判明、大阪府警が慎重に経緯を調べている。

京都府警は昨年12月、容疑者不詳の殺人容疑で千佐子容疑者宅を家宅捜索。このときは毒物などは押収されていなかった。

今月中旬になって「本人が警察の動きを察知して不安定になった」といい、府警は本人の身柄確保に乗り出し、19日朝、堺市内の関係先で千佐子容疑者を発見、大阪府熊取町内で身柄を確保したという。

千佐子容疑者は府警が逮捕前に任意で行った事情聴取に対し、筧さんの死について「いつもお風呂に入る時間に降りてこなかった。

2階を見に行くと、机のすぐそばの畳の上で夫が倒れていたので、慌てて救急車を呼んだ」などと説明していたという。

近所の住民にも「結婚したばっかりなのに旦那が死んだ。体内から薬が見つかって私に疑いをかけられて困っている。警察も来た」などと話していた。

【青酸化合物】
「シアン化物イオン」を含む化学物質の総称で、毒劇物法で指定された青酸カリや青酸ソーダが代表的。

金属めっきや分析試薬に使われる。経口や吸入で体内に取り込まれると細胞が低酸素状態となり、臓器を損傷させる。

摂取直後からめまいや頭痛、吐き気など全身に中毒症状が現れ、けいれんから昏睡に陥り、短時間で死に至る。

【引用元:産経WEST】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について