高知東生容疑者の“愛人”五十川敦子容疑者はレースクイーン! 2006年から芸名「あつこ」で活動

高知東生容疑者の不倫相手、愛人の五十川敦子容疑者

覚せい剤取締法と大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕された元俳優、高知東生(たかち・のぼる)容疑者(51)とともに同容疑で逮捕されたクラブホステス、五十川敦子容疑者(33)が、レースクイーンとして活動していたことが28日、分かった。

2006年からモデル事務所に「あつこ」の芸名で在籍。
最後に更新された14年4月のブログでは「また絶対会えるから」と誓っていたが、ファンを裏切ってしまった。

クラブホステスは“別の顔”を持っていた。

五十川容疑者が在籍していたモデル事務所によると、同容疑者は2006年から同事務所に所属。

08年までレースクイーンとして活躍し、その後は年に1、2回の頻度でイベントコンパニオンとして働いていた。

24日に同容疑者が逮捕されたことを受け、事務所は登録を抹消。サンケイスポーツの取材に「ただただ驚いている」とコメントした。

最後の仕事は今年2月に東京都内で行われた展示会のコンパニオン。

事務所は「時間は守るし、礼儀正しい。明るい子だった」と振り返るも、「最近の彼女の活動は分からない」と話した。

五十川容疑者は神奈川県内の有名女子校を卒業。
横浜市旭区の実家は歯科医院を営むなど裕福な家庭で育っており、関係者によると、ホステス歴も約3年と長くはなく、クラブでの源氏名も「あつこ」と名乗っていた。
レースクイーン時代のファンや芸能関係者を呼ぶためだったのか。

06年に開設されたブログではレースクイーンの衣装などセクシーショットを多数披露。

【レースクイーン時代】
五十川敦子のレースクイーン時代

08年に「恵比寿に新しくできた加圧トレーニング(T~Body)行ってきました」と高知容疑者が経営するエステ店を訪れたことを報告。

高知容疑者は取り調べで「10年ほど前に知人のパーティーで知り合った。愛人と思われても仕方ないが、知人です」と供述している。

ブログは11年まで頻繁に更新していたが、次第にペースが落ち、14年4月で休止。

最後のブログでは「また絶対会えるから」とファンとの再会を楽しみにしていたが…。

五十川容疑者は高知容疑者が理事長を務める日本トータルビューティー協会の賛助会員でもあった。

副理事長を務める高知容疑者の妻、高島礼子(51)と顔見知りだった可能性もありそうだ。

【引用元:サンケイスポーツ】

■高知容疑者と一緒に逮捕された女性はレースクイーン

24日に覚せい剤取締法と大麻取締法(所持)の疑いで逮捕された元俳優の高知東生容疑者(51)が、逮捕の際に「来てもらってありがとうございます」と話していたことが28日、分かった。

また、ともに逮捕されたクラブホステスの五十川敦子容疑者(33)への本格的な取り調べも始まり、同容疑者がレースクイーン、イベントコンパニオンなどの仕事をしていた過去も明らかになった。

関東信越厚生局麻薬取締部によると、前日27日から本格的な取り調べが始まった高知容疑者に、変わった様子はないという。

同容疑者はラブホテルで逮捕されたが、取締官に「捜査が入ると思わなかったのか」と聞かれたところ、安堵(あんど)した表情を見せ「そうは思っていませんでしたが、来てもらってありがとうございます」と、頭を下げたという。

また、同部は妻で女優の高島礼子(51)にも事情を聴く方針だが「日程は白紙」とした。

一方、五十川容疑者への取り調べもこの日から本格化した。
この日までに、五十川容疑者の自宅から焦げた跡があるガラス瓶を押収。部屋はかなり散らかっていたという。

五十川容疑者は神奈川県内の有名私立大付属女子高出身。
06年、モデルやイベントコンパニオン、ナレーターの派遣などを行うA社の登録スタッフになった。

主にレースクイーンやイベントコンパニオンの仕事に従事。7、8年前の2年間は活発に活動も、その後は1年に1回やるかやらないかの低い頻度で、仕事を行っていた。
同容疑者は逮捕されるまでA社に登録。

日刊スポーツの取材に応じたA社は、五十川容疑者逮捕を受けて「事件性が高く、今後スタッフとして仕事をしていけないと判断したので、登録を抹消しました」と明かした。

A社スタッフはここ数年、五十川容疑者と会っていないという。「差し支えるような他の仕事は避けてほしいとお願いしましたが、ホステスをやっていたとは知らなかった」と驚いた。

同容疑者については「至って普通の女性ですが、人と接する仕事だけに明るいタイプでした」と話した。

麻薬取締部は高知容疑者が「五十川容疑者とは、約10年前に知人のパーティーで知り合った」と話しているとしたが、スタッフは高知容疑者との関係について「知りませんでした」とした。

五十川容疑者は「あつこ」と名乗り、06年6月から公式ブログを開設。14年4月まで更新していた。

プロフィルでは164センチ、B88-W56-H88センチといったスリーサイズも公表。

ラウンドガールや撮影会の仕事で披露した水着姿の写真なども掲載している。

【引用元:日刊スポーツ】

■高知東生とラブホで逮捕 愛人ホステスは“ハマのお嬢さま”

「8年前に知人のパーティーで知り合った」――。

覚醒剤と大麻所持の疑いで逮捕された高知東生容疑者(51=本名・大崎丈二)は、横浜市南区のラブホテルで一緒に捕まったホステスの五十川敦子容疑者(33)についてこう供述しているという。

「(五十川容疑者は)愛人ではなく知人」とも話しているというが一体、どんな女なのか。

五十川容疑者は06年から都内のモデル事務所に登録スタッフとして所属。08年ごろまでレースクイーンとして活動していた。

「あと年1、2回ほどコンパニオンの仕事をこなすくらいで、ほとんど顔を出さなくなった。逮捕を受け、登録を抹消しました」(事務所担当者)

東京・西麻布の高級クラブに勤めていたが、今は横浜・住吉町の高級キャバクラで働いていた。

近辺では一、二を争う高級店で、2時間ほど遊べば料金は3万円はくだらない。

高知容疑者は先月、横浜・元町に経営するエステサロンをオープン。たびたび、五十川容疑者と同伴で入店する姿が目撃されていたという。

本紙記者がキャバクラを訪れると、「予約がないと入れない」と入店を断られてしまった。

「五十川容疑者は西麻布にいた頃から言動がおかしく、店の関係者からも“クスリ”の使用を疑われていたそうです。それで、横浜の系列店に飛ばされたとウワサされていました。

高知容疑者の他にも地元選出の若手政治家と親しい関係にあったともいわれています。

高知容疑者は2011年1月に自ら創設し、理事長を務める美容関連の社団法人に五十川容疑者を『賛助会員』として迎えるほど入れあげていたようです。

捜査関係者の中には高知容疑者がクスリを教えたというより、五十川容疑者が教えたとみる人もいます」(捜査事情通)

問題の社団法人の副理事長は高知容疑者の妻で、女優の高島礼子だ。高島も五十川容疑者の存在を知っていた可能性がある。
ひょっとして“妻公認の仲”というのは、ゲスの勘繰りだろうか。五十川容疑者の勤務する店の周辺では「この近くで高島礼子を見た」との目撃情報がある。

五十川容疑者の父親は、地元の横浜市旭区では名の知れた歯科の開業医。地元の歯科医師会の会長まで務めたというから驚く。

「お父さんは腕が良くて、診察も早い。わざわざ遠方から治療に来る人もいるくらいです。ベンツを2台所有していて、地元では有名なお金持ちです。

娘さんはかわいらしい子で、私立の名門高校に通っていたと聞いています。最近はほとんど見かけませんでしたけどね」(近隣住民)

自宅は最寄り駅から徒歩15分ほど。約150平方メートルの敷地に、4階建てのビルがドーンとそびえ立つ。

1階はガレージで車3台が入り、2階が診療スペース、3、4階が居住スペースだ。

記者が仕事終わりの父親に話しかけると、「家族は悲しんでいます。何も話せません」と淡々と語るのみだった。

なぜ、“ハマのお嬢さま”が薬物に手を染めることになったのか。真相解明が待たれる。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について