1億2600万円を誤って企業・個人に送金…宮城県石巻市は回収急ぐ

石巻市役所(さくら野百貨店)

宮城県石巻市は22日、設計委託費や消耗品購入費など計約1億2600万円を131の企業・個人に誤って二重送信していたと明らかにした。
市は送金先に返納の手続きを依頼している。

市によると、会計課の職員が14日午前9時半ごろ、課内のパソコンを使い、金融機関の振り込みサービスを担う関連会社に口座振り込みのデータを送信した。

その際、プリンターから自動的に出てくるはずの送信結果が印刷されず、送信されていないと思い込んだ職員がデータを再送信したという。

印刷されなかったのは、プリンターの電源が入っていなかったのが原因だった。

二重振り込みは金融機関から企業・個人に現金が振り込まれた16日に発覚。

市は電話や訪問で返納を求めており、21日までに約3518万円を回収した。

市は今後、口座振り込みのデータを送信する際は管理職を立ち会わせる方針。

亀山紘市長は開会中の市議会6月定例会で「関係者にご迷惑をお掛けしておわび申し上げる。

信頼回復に向けて確認作業の徹底を図りたい」と陳謝した。

【引用元:河北新報】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について