「学力の低迷はゲームのせい」 北海道、第1・第3日曜は大人も子供もゲーム禁止に

「学力の低迷はゲームのせい」 北海道、第1・第3日曜は大人も子供もゲーム禁止に

子どもたちの学力の低迷はゲームのしすぎにも原因があるとして、道教委などは、毎月第1・第3日曜日は子どもたちがゲームをしない、「ノーゲームデー」とするよう呼びかけています。

道内の子どもたちの全国学力テストの成績は、全国平均を下回っていて、道教委は、長時間ゲームをする子どもたちが多く、家庭学習の時間がゲームに取られてしまっていることにも原因があるとみています。

このため道教委やPTAなどで作る実行委員会は、2月から、第1・第3日曜日を「ノーゲームデー」として、大人も子どももゲームをしないよう呼びかけることになりました。

また、第1日曜日にあたる2月1日には、ゲームをしないで親子で楽しんでもらうため、道内各地で、スノーラフティングや釣りなどを体験するイベントを開くことにしています。

道教委・生涯学習課の浅井真介課長は、「ゲームから離れることで、家族との団らんや友人との体験学習の時間が増え、望ましい生活習慣の定着につながれば」と話しています。

【引用元:NHKニュース】

関連記事

1件のコメント

  1. 1
    匿名 says:
    ID:MTcyOTU0NjQ3

    親が買い与えなければいい 小さい子に静かになるからゲーム与えた親もいるでしょうに

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について