「1人でも怖くない」 大東文化大公認“ぼっち席”、学食に広がる 仕切りで遮断、1人で利用しやすいように

一人ぼっち

大テーブルに相席が基本だった大学の学生食堂で「ぼっち席」と呼ばれる1人用の席が広がっている。

テーブルの上に仕切りを設けて、対面する人の顔を見えなくした。

1人で食事をするのが好きな学生が増えたというより、1人で食事をしているのを見られたくないという心理に配慮したようだ。

「『ぼっち席』がなかったときは、一人で食べるのがいやで、おにぎりを買って次に授業のある教室で食べたりしていた。こういう席があるほうが1人でも使いやすい」

1201501138-1

大東文化大の東松山キャンパス(埼玉県東松山市)にある学生食堂。

バレーボールサークルに所属する2年生の男子学生(19)は、こう話す。

ぼっち席は、6人テーブルの中心に高さ約50センチの半透明のプラスチック板が設置された席のこと。

対面の人の顔は見えず、カウンターに座っているような状態になる。

「ぼっち」は「ひとりぼっち」の意味で、主に友人や恋人のいない状態を指す。
全375席のうち72席が、こういった「ぼっち席」だ。

同大によると、設置したのは平成24年から。
学生の保護者が所属する父母会から「学食のテーブルが部活やサークルの集団に占領されている。
個人利用の席を確保してほしい」という要望を受けてのことだ。

その後、運営する大学生協の回転率を上げようという経営戦略もあり、今年度から「スピード席」と命名。

キャンパス内にある3つの主な学生食堂の中で、最も回転率が良くなった。

学生食堂は学校内の友人関係が見えるため、1人で食事をするのを負担に感じる学生は少なくない。

特に学生生活に慣れない1、2年生の場合は、友人がいないことが原因で不登校気味になることも。

また、1人で食べるのを見られたくないとトイレの個室で昼食を食べる「便所めし」が話題になることもある。

学食で、1人で食べることについてどう思うかと問うと、「私は絶対しない」(1年女子)
「つまらないから音楽を聴きながら、素早く食べて教室で予習をする」(2年女子)
「寂しそうに思われるから端に座る」(2年男子)など。

「気にしない」(同)と答えたのは7人中1人だった。

同大によると、高校までの集団生活から、大学入学後に個人で行動する生活に慣れず、「昼休みに1人で食べるのは寂しい」と相談室を訪れる学生もいる。

本当に、人の目が気になる学生は昼食時に学食を利用しないケースもあるようだ。

「学食で1人で食べていることで、友達がいないと周囲に思われることを気にする学生もいる。

孤立感を深めて食堂を避け、おにぎりなど簡単なもので済ますより、栄養バランスを考えた学食のメニューで、1人でも食べやすい席があるほうがいい。

スピード席という名前があれば『急いでいるから』と、そこに座る理由付けもしやすい」と相談室を担当の大学カウンセラーは話す。

【引用元:産経ニュース】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について