トヨタの営業に配られた来年2月発売予定の「新型 アルファード/ヴェルファイア」の販売マニュアルが客を小馬鹿にしてると話題に!!

新型 アルファード

1月26日に発表され2月には発売になるとされているトヨタ 新型 アルファード/ヴェルファイア、トヨタのディーラーには既に様々な資料が営業向けに配られているのだが、その新型 ヴェルファイアの販売マニュアルの突っ込みどころが多すぎるのだ。

下の画像を見ていただきたい。

新型 アルファードのマニュアル

どうだろうか、重点ターゲットである自車代替層とミニバン保有上級移行層については理解できるのだが戦略ターゲットである「マイルドヤンキー」、そして「ヤンジー」という言葉を大企業であるトヨタが使うところが衝撃だ。

確かにヴェルファイアといえば厳つさを全面的に押し出したミニバンではあるので表現としては妥当なのだろう。

しかし最近になってでてきた言葉であるマイルドヤンキーそして全く聞いたこともないヤンジーという言葉で顧客を表現するのはとても斬新でイラストも相まってなかなかシュールな画となっている。

【引用元:vehiclenavi MAGAZINE(ビークルナビ マガジン)】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について