ドライバー必見!渋滞緩和の「3得」って? 渋滞にはまってしまった時に覚えておくと得する3つのポイント

渋滞 高速

キーワードでニュースを読み解く「every.キーワード」。4日のテーマは「渋滞を避けるには」。

日本テレビ・小栗泉解説委員が解説する。

■渋滞発生のメカニズム

ゴールデンウイークまっただ中、4日から上りの渋滞、Uターンラッシュが始まっている。

そもそも、渋滞はなぜ起きるのか。車が多いのは当然だが、実はブレーキが関係している。

事故や工事などでの渋滞を除いた自然渋滞の主な原因は「ブレーキの連鎖」。

上り坂や合流地点などでスピードが落ちてくると、車間距離が短くなり、ブレーキを踏む。
すると、その後ろの車もブレーキを踏む。

こうしてブレーキが連鎖すると、最後には止まってしまい、渋滞になると考えられている。

■最低40メートルの車間距離を

渋滞のメカニズムに詳しい東京大学・先端科学技術研究センターの西成活裕教授によると、「車間距離をあけておけばブレーキの連鎖が防げるので、渋滞を起こしにくい」「車間距離を最低40メートル以上はあけて走行するべき」と話している。

40メートルの目安としては、高速道路には車間距離を確認できる表示があるから、これを意識して走ると良いだろう。

十分に車間距離をあけることで渋滞も防ぐことができ、安全運転にもつながる。

■渋滞にはまった!「得する3つのポイント」

西成教授によると、渋滞にはまってしまった場合、覚えておくと得するポイントが3つある。

1.車線の選び方

2.合流の仕方

3.料金所の通過の仕方

まずは「1.車線の選び方」。
例えば「左」「中央」「右」と3車線ある高速道路で渋滞している時は、一番左の走行車線を走ると得だ。

渋滞が始まると、多くの人が右の追い越し車線へ入ろうとするため、3車線の場合、統計的に車の量は左が25%、中央が35%、右が40%という分布になるという。

実験によれば、時間的にも左車線を走っている方が早く目的地に着くという。

次に「2.合流の仕方」。
例えばゆっくり流れているような渋滞の場合、「A.合流地点が始まる所で走行車線に入ろうとする」のと、「B.合流地点が終わるギリギリの所で入ろうとする」のと、どちらが得なのか。

この場合、特に渋滞している時は「B」のようにギリギリで合流するのが良い。

「A」のように手前で入ろうとすると、走行車線の車は急に現れた車を見てブレーキを踏むことになる。

そうするとブレーキの連鎖が起き、さらなる渋滞を引き起こしてしまう。

「B」のように合流する区間をフルに使うことで、走行車線の車も合流する車を確認することができ、スムーズな合流につながる。

しかも、道路を無駄なく使っているため、渋滞の緩和にもつながる。

最後は「3.料金所の通過の仕方」。
“出口の料金所”が近づいてきたら、後ろについていくといい車の種類がある。
それはトラックやバスなどの大型車だ。

大型車の後ろは先が見えないので、視界が悪い点には気をつけなくてはいけないが、大型車は車高が高いので、普通車よりも見晴らしが良く、すいているレーンを見つけやすい。

当然、大型車はすいているレーンに移動しようとするので、その後をついていくのがいいという。

■一番は時間帯

ただ、やはり渋滞にはまらないのが一番。
そのために大切なのは「渋滞予測の出ている時間帯を避ける」ということだ。

例えば、去年のゴールデンウイーク中の東名高速の上り線・静岡ICから東京ICまでの所要時間を見ると、渋滞がピークだった午後3時に出発すると約2時間43分かかっている。

これに対し、正午に出発すれば約1時間56分と、50分近く早く到着することが可能だった。

■車間距離と心に余裕を

「行楽地に早く行きたい」「少しでも早く家に帰って休みたい」というのは、誰でも一緒。

車に乗る人がみんな、車間距離だけでなく、心にも余裕を持つことが渋滞解消につながるのではないだろうか。

【引用元:日テレNEWS24】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について