今週末もM4レベルの地震が襲う!? 関東・台湾の地震は「地震雲」「電磁波」「体感」で予知されていた!?

台湾の大地震

この数日、関東地方南部でM4クラスの内陸地震が相次いで発生した。5日朝に神奈川県東部でM4.6、7日には茨城県北部でM4.3とM4.6、いずれも最大震度4を記録している。

また6日には台湾南部でM6.4の内陸地震が発生し、死者30人以上、負傷者500人以上の被害も出ている。実は、これらの地震発生を事前に予測していた人々がいる。

■オカルト全開の市川海老蔵、異変を感じ取っていた!

まず、5日朝の神奈川県東部の地震だが、震源は東京都との県境付近で、都内のほぼ全域で震度2~4の揺れを記録した。

この地震の2日前、歌舞伎俳優の市川海老蔵が地震雲(?)を見ていたようだ。

父の十一代目團十郎の三年祭で成田へ赴いた帰り道、「なんか今日雲が気になるのです。地震とかないといいな……」と自身のブログに書き込んだのだ。

ただし、記事には問題の雲の写真は掲載されていなかった。
7日のブログ記事によると、特定の地震雲を見て「地震かな?」と思ったわけではなく、変な予感がして、それを地震雲に喩えて書いたのだという。

海老蔵といえば、オカルト全開の歌舞伎役者として知られ、「生前の記憶」もあるというが、やはり霊感で自身を察知していたのだろうか。

■早川正士氏も電磁波の異常を察知していた!

今回の地震を事前に予測していた機関は、電気通信大学名誉教授の早川正士氏を所長とする「地震解析ラボ」だ。

地震発生前の地殻変動によって生じる電磁波に着目した早川氏の研究については過去の記事で詳しく紹介している。

会員制サイトである「地震解析ラボ」では、1月22日の時点で、「1月26日から2月6日までに、茨城沖から相模湾にかけて内陸でM5.0前後、海底でM5.5前後、最大震度5弱程度」(ZAKZAK、2016年2月6日)と予測されていた。

5日の神奈川県東部の地震、そしてわずかに期間は過ぎたが、7日の茨城県北部の地震2件はこれに該当するものといえるだろう。

■ネット上には「体感」が溢れてる!

ところで、ネット上で「地震体感」と検索すると、地震発生前に「体感」があるという人々のブログなどが数多く見つかる。

ほとんどは女性で、地震発生の数日前から、耳鳴り・頭痛・吐き気などを訴えているのだ。

その症状の多くは、「電磁波過敏症」と呼ばれる症状と共通するところが興味深い。

実は筆者もその1人で、地震前に耳鳴りや頭痛があることは10年ほど前から気がついていた。

最初は恥ずかしくて人に言えず、心の内にとどめていたのだが、後になってネット上で調べてみると、ほかにも同様の訴えがあることがわかってきた。

■筆者も頭痛・嘔吐・胃の不調を「体感」!

筆者の場合だが、今回は2月1日にひどい頭痛と吐き気が始まり、夕食を食べられずに、その夜は嘔吐してしまった。そして、3日までは頭痛と胃の不快感が治まらず、仕事さえできない状態だった。

これが地震前の電磁波に起因するものならば、関東地方でかなり大き目の地震があるか、またはM4程度の地震が複数回あるのではないかと予想していたところで、5日の神奈川県東部の地震が起きたのだ。

筆者は東京都小平市に在住で、震源から約15kmという近場で起きた地震だった。

だが、5日の地震が起きた後になっても、頭がボーッとしたり目の周りに痛みを感じたりしていたので、その日の自分のブログ記事で「関東南部、まだ揺れるかもしれないので、ご注意を」と書いていたところへ、今度は茨城県北部のM4クラス2連発があり、「やっぱり……」と思った次第だ。

筆者は、このように頭痛などの症状があると、地震体感者が集まるFacebookページに寄せられる投稿をチェックすることにしている。

そして自分と同じく体調不良を訴える人々が関東近辺で何人かいる場合、やはりこれは個人的な体調不良ではなく、地震前兆かもしれないと考えるのだ。

■筆者宅のアンテナにも謎の障害が!

ほかに地震前兆かもしれない現象としては、地デジテレビの電波障害がある。筆者宅は一戸建ての借家であり、大家にアンテナを建てる許可を得るのが面倒なこともあり、室内アンテナを設置している。

そのため、室外アンテナよりも電波状況が悪くなることもあるが、2月1日から1週間ほど、地デジチューナーで「信号レベルが低下しています」と表示され、特定のチャンネルが映らなくなることが毎日のように断続的に起きていた。

現段階では、あくまでも可能性のひとつではあるが、このようなことも地震前兆のひとつかもしれない。

ちなみに、テレビやラジオの電波障害やノイズと地震との関連については、阪神淡路大震災の頃からすでに知られており、数多くの報告も残っている。

■台湾の地震で被害が拡大した背景とは?

次に、2月6日に台湾南部で発生したM6.4の地震の話題に移ろう。

この地震では、規模とつり合わないほどの多大な被害が出てしまったが、その要因として、台湾南部には地盤が弱い場所が多いことがあるようだ。

大地震による被害については、「地盤」が極めて重要な要素となるが、阪神淡路大震災と類似した軟弱地盤のもと、建物倒壊などの被害が続発してしまった。

地盤が弱いという点では、東京都23区の大半も同様であり、首都直下地震がいつ起きても不思議ではないといわれる中、この地震から学ぶべきことも多いだろう。

さらに台湾の地震では、一部で「手抜き工事」という人為的な要因も重なってしまった。

震源となった台南市では、10棟ほどの建物が全半壊するという被害が出たが、もっとも深刻な被害を受けた16階建ての築20年のマンションでは、倒壊したビルの柱の中に、なんとサラダオイルの一斗缶や発泡スチロールが埋められていたという。
台湾の検察当局は、建築基準法違反の疑いで調査に乗り出している。

■台湾地震、事前に「大気電圧の変化」が起きていた!?

この地震を予測していた人物としては、筆者が以前から注目していた台湾の「地震預測研究所」所長である林湧森氏が挙げられる。

2月5日に投稿されたブログ記事では、台湾で「M6+」の地震が起きると予測されていたが、その翌日、現実に地震が起きていることを考えれば、非常に正確な予測といえるだろう。

林氏がどのような要素をもとに地震予測を行っているのか本人に質問したところ、「大気電圧の変化を計測することにより予測している」とのことだ。

林氏は日本列島付近で起きる地震を予測することもあるため、今後も注目したいところだ。

さて、筆者だが、実はこの原稿を書いている時点でもひどい頭痛と吐き気に悩まされており、今週後半には再び関東南部でM4以上の地震があるのではないかと懸念している。

これが地震前兆とは関係ない個人的な体調不良であれば良いのだが……。いずれにしても、昨今は「リング・オブ・ファイア」(環太平洋火山帯)上で大きな地震や火山噴火が続発している。

2月6日には桜島で爆発的噴火もあった。巨大地震や大噴火には十分気をつけていただきたい。

【引用元:トカナ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について