浮気男の共通点!? プロが浮気相談でよく聞く言葉ベスト5

浮気

恋愛や結婚において、大きな悩みのひとつが浮気の心配。できれば浮気性の人をパートナーに選びたくはありませんよね。

浮気をする男性を見分けるにはどうしたらよいのでしょうか。

「浮気男について女性から相談を受けるプロ」の視点で、特徴を探ってみたいと思います。

お話を聞くのは、離婚問題に強い行政書士で離婚カウンセラーの阿部貴子さん。

夫の浮気に悩む女性たちから出る言葉には、共通するキーワードがあると言います。

阿部さんに「浮気相談でよく聞く言葉のベスト5」を教えていただきました。

■「他人からの評判はいい」

「いわゆる外面がよい、といった男性ですね。人からよく思われたいということは、モテたいという感情にも似ています。

人生においての重要度が、家庭や仕事で地位を着実に積み上げていくことより、人からよく思われたいなどの願望が強いタイプなのかもしれません」(阿部さん)

 周りから好かれている夫や彼氏は誇らしいですが、それが「女性にモテたい」という動機によるもので、外面だけがよくて妻には冷たいのであれば本末転倒ですね……。

■「女性から年賀状が来ている」

「これは、浮気が発覚してから『そういえば……』という形で出てくるキーワードです。年賀状の差出人は元彼女で、その相手と不倫関係になっていたというケースは多いです。最近ではFacebookで連絡を取り合うという事例もあります」(同)

 女性の知り合いと年賀状のやり取りくらいは普通ですが、その中に浮気のタネが潜んでいることも。SNSで元カノと繋がり続けている男性も、浮気のハードルが低くなってしまいそう。

■「アダルト雑誌や動画の数が多い」

「男性であればある程度、こういった趣味があるのは当然ですが、相談者さんから聞くのはかなりの数のアダルト雑誌を所有しているとか、毎日アダルト動画を見ているなどです。常に新しい性欲の対象を探し求めている男性は、浮気する傾向にあるようです」(同)

「別もの」と言い訳しつつ、必要以上にアダルト動画を集める男性もたまにいますよね。趣味ならまあいいかと見過ごしがちですが、その数や頻度に注目してみましょう。

■「女性から相談されやすいタイプ」

「仕事の部下から相談される、または既婚女性から家庭の不和を打ち明けられるといったケースが目立ちます。相談という大義名分があるので罪悪感なく2人きりになり、不倫しやすい環境が整ってしまうことが大きな原因として考えられます。また、心を許しやすく、自分を理解してくれているという気持ちから恋愛関係に発展しやすいのでしょう」(同)

 仕事の話をするだけと思っていても、環境が整ってしまうとちょっとしたきっかけで浮気につながってしまうようです。あまり疑ってばかりいたくはないですが、頻繁に相談を受ける機会があるようなら要注意。

■「実は再犯で……」

「同じ浮気相手、新しい浮気相手などケースはまちまちですが、相談室に相談に来る女性の中で、体感ですがおよそ5割くらいの方が、何度も夫の浮気に悩まされているようです」(同)

 なるほど、やはり「浮気癖は直らない」と思ったほうがよいのでしょうか。専門家から改めて聞くと重みがありますね。

「数多くの女性から相談を受けてきて感じるのは、どの相談もある程度パターンに当てはまるということです。『自分に魅力がなかったから夫が浮気してしまった』『夫を大事にしてこなかった、愛情が足りなかった』などと自分に原因があると思い悩む女性は多いのですが、浮気する男性には共通する特徴があるというのを知っておいてほしいと思います。よくあるパターンだということが分かれば、冷静に自分の心の整理や対処ができますから」(同)

 浮気問題を解決するためには冷静に対処しなければいけません。これらの特徴があるだけで絶対に浮気するというわけではありませんが、愛情を確かめ合ったり、彼氏を冷静に見極めたりするためにも予備知識は大切ですね。

【引用元:ヒトメボ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について