高知東生のシャブ愛人、五十川敦子容疑者にギャンブル業界も被害!? 彼女がモデルとして絡んだ「イベント」は多数……

高知東生容疑者の不倫相手、愛人の五十川敦子容疑者

元俳優の高知東生容疑者とともに、覚せい剤・大麻所持で逮捕された五十川敦子容疑者。

もともとはモデル、レースクイーンだったそうだが、最終的には神奈川県の高級キャバクラで働いており、クスリに溺れていったとのこと。
どことなく芸能界の闇のようなものを感じさせる話だ。

モデルでレースクイーンといえば、様々なイベントに出演する機会も多い職種。

実際に五十川容疑者もボクシングのラウンドガールや自動車業界の新車紹介イベントに顔を出していたりと、どこにでもいる「モデル」の生活をしていたようだ。

裏では自身の素性を隠し「プロ彼女」として多くの芸能人と関係を持っていたようだが……。

そんな五十川容疑者は、いわゆる「公営ギャンブル」のキャンギャルとしても活動していたようだ。

2012年2月、競艇のPRで報知新聞社を訪れたこともあると、スポーツ報知で報じられている(現在は削除)。
時期としては総理大臣杯だろうか……。

ずいぶん以前のこととはいえ、競艇界としてもはた迷惑な話ではある。

どのスポーツでもそうだが、キャンペーンガールと選手の間で何かしらの「関係」が事実などない中でもウワサされるのはスポーツ界ではよくあること。

そんな中で「シャブ常習」が紛れ込んでいたとなれば、とんだトバッチリの憶測も出かねない。

華やかな芸能界。イベントなど派手な舞台に出る人物が薬物に溺れているなどと誰が想像するだろうか。

それは観衆だけでなく、関係者やイベントの主催者も同様である。

そういう点でも、薬物逮捕というのは自身以外にも大きなダメージを与える可能性を内包しているということだ。

たった2人の薬物逮捕だったが、意外な影響が多方面に出ることは避けられない様子。
できる限り被害が少ないことを祈るばかりだ……。

■高知東生容疑者は「ついで」だった!? 同時逮捕された五十川敦子容疑者の危うい半生と、芸能界、闇社会との太すぎる「パイプ」とは

覚せい剤・大麻所持で逮捕された元俳優の高知東生容疑者。

一緒にホテルにいた五十川敦子容疑者と7年もの間「シャブセックス」にふけっていたようだが、高知の愛人関係、その行動はそれだけでは留まらないようだ。

高知は、まあ想像に難くない話ではあるが、他の愛人とも関係があったことを「女性セブン」(小学館)が暴露している。

登場する高知の愛人だったという女性は、なんと「高知と高島が寝るベッド」でコトに及んでいたようだ。

さらに、高島が帰ってきた場合に備えて弾性の友人もダミーで用意しておいたというのだから驚きだ。

そのレベルまでいくあたり、高知の女好きは病気レベルということだろうか。

高知が通常では考えられない4gもの覚せい剤を所持していたことなどから、相当に闇社会と深いつながりがあったのではといわれており、もはや「クスリの商売」すらしているのではないか、という情報もある。

愛人を囲うくらいどうとでもないのかもしれない。しかし、今回の“本丸”はむしろ五十川容疑者という情報も。

「五十川は高校時代から男性関係も奔放で、渋谷のクラブで遊びまわっていたという同級生の証言も。歯科医の娘で私立付属の高校に通っていた時点から相当に浮いた存在だったといいます。

男性関係も派手で、学校以外のつながりが広かった。学生時代から退学確定の悪さもしていたとのことですから、当時から危ういものがあったんでしょう」(記者)

さらに記者は、五十川容疑者が過去に大物芸能人などとも関係を持っていたことに関し、次のように語っている。

「モデル・レースクイーンからキャバクラのホステスと流れていった五十川ですが、そもそも芸能界に顔が広く、覚せい剤を使える女として一部で有名だったようです。暴力団関係ともパイプがあり、そこで薬物を仕入れたという話も。

彼女とともにシャブをやった芸能人は確実にいるという意味では、彼女を逮捕したことで関係のあった芸能人を一網打尽にできる可能性もある。警察関係者の最大の狙いはそこでしょうね」(記者)

高知は単なる「ついで」で、本質的には五十川容疑者が狙いだったのか。

堕ちるところまで堕ちた2人だが、まだまだ底なしの闇が広がっている。

【引用元:】ビジネスジャーナル

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について