Windows 7&8.1ユーザーは要注意!! Windows 10が“推奨される更新”に

Windows 10

米Microsoftは2月2日に配布した「Windows 7」および「Windows 8.1」の「Windows Update」で、これまで「オプションの更新プログラム」としていたWindows 10へのアップグレードを「推奨される更新プログラム」に昇格させた。同社は昨年10月、この変更を予告していた。

自動更新に関連するプログラムは「KB2952664」と「KB3035583」。

Windows Update上の概要には「この更新プログラムをインストールすると、Windowsの問題が修正されます」としか説明されていないが、詳細情報を見ると前者のタイトルは「Windows 7アップグレード用互換性更新プログラム」に、後者は「更新プログラムにより、Windows 8.1および Windows 7 SP1にGet Windows 10アプリをインストールする」となっている。

 Windows Updateを自動アップデートにしているWindows 7/8.1ユーザーは、今回のアップデートでWindows 10へのアップグレードが自動的に始まる。

 ただし、“アップグレードで端末のOSが変わる前に、アップグレードを続けるかどうかの意思確認を行うためのプロンプトを表示する”という。

また、アップグレードしてしまった後でも、31日間は前のバージョンに戻せるようになっている。

 自動更新関連プログラムのインストールを回避する方法(非公式)はこちらを参照されたい。

 Microsoftは1月、「Windows 10」の月間稼働端末(monthly active devices)が2億台を超えたと発表した。

同社は「Windows 10端末を2~3年以内に10億台にする」という目標を掲げている。

【引用元:ITmediaニュース】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について