「ジカ熱」、感染拡大の原因は性行為だった!? 生物学者が妻との性行為で発見か?

ジカ熱

南米やカリブ海地域で感染拡大が加速するジカ熱の猛威――。ネッタイシマカなどの熱帯地域の蚊がジカウイルス感染の媒介になっていることが確認されているが、「かつて性行為によって人間の間でジカウイルス感染が発生した」と主張する生物学者が現れ、物議を醸している。

■ブライアン・フォイ教授「ジカウイルスが性行為で妻に感染した」

性行為によってジカ熱が感染する――。この物騒な(!?)主張をしているのは、コロラド大学の生物学者であるブライアン・フォイ教授だ。

フォイ教授は、2008年に熱帯の蚊を研究するために同僚と共に西アフリカのセネガル南東部の村・バンダファッシを訪れた際に何度も蚊に刺され、何らかのウイルスに感染したのだ。発症は帰国してからはじまり、発熱はもちろん全身倦怠感、手首の膨張、発疹、関節痛、排尿の際の痛み、皮膚疾患などに加え、精液に血が混じることもあったという。これがジカ熱であったのかどうかは正確にはわからないのだが、フォイ教授はジカ熱であると主張している。それというのもデング熱や黄熱などの熱帯性の感染症に対するワクチンを各種受けていたからだ。ちなみに、現在でもジカウイルスに対するワクチンは開発されていない。

重症化することなくフォイ教授の症状は治まったのだが、数週間すると今度は教授の妻に同じような症状が現れたのだ。教授が発症したときの症状に加えて、日光に対して極端に皮膚が弱くなったということだ。発症したのは妻だけで、同居する4人の子どもには何の変化もなかった。ということは、フォイ教授の熱帯性の熱病は咳などによる空気感染で転移する可能性は低いことになる。

そのうちに妻も快方に向かい、この件は忘れ去られようとしていたが、その後1年ほどたってから、フォイ教授にある考えが浮かんだという。それは「あのときのジカウイルスは性行為で妻に感染したのではないか」という“気づき”だ。

そして生物学者としての興味関心から、この時の出来事を改めて振り返って分析して共著のかたちで研究論文を執筆し、2011年に医学系学術誌「Emerging Infectious Diseases」で発表した。

これまでは動物間での感染について研究されたことはあったが、熱帯地方の熱病が性行為を通じて人間の間で感染することを示唆した初めての研究となったのである。

学会のメインストリームから全面的な賛同を得たわけではないが、今日のジカ熱の流行を受けて改めてフォイ教授の研究が注目されることになったのである。

そしてフォイ教授に援護弾を放つ研究が昨年発表されている。

フランスの研究機関「Institut Louis Malarde」のディディエ・マッソ博士らが同じく「Emerging Infectious Diseases」で発表した論文によれば、2013年にジカ熱が流行したフランス領ポリネシアのタヒチにおいて、地元の男性の精液と尿の中にジカウイルスが検出されていたのだ。これによりこの研究においても性行為による感染が指摘されることになった。もちろんさらなる研究が必要とされているが、ジカ熱の“性行為による感染拡大説”はかなり説得力を持ちはじめるはずだ。

■WHO「性行為による感染を認めるにはまだ調査不足」

一部アメリカ本土や、イギリス、デンマーク、ポルトガルなどヨーロッパでも感染者が確認されて深刻さを増しているジカ熱だが、なんといっても世を騒がせているのが、妊婦が感染すると出生児に小頭症のリスクが高まるという仮説だろう。現時点ではあくまでも仮説なのだが、ブラジル保健省は妊娠中のジカ熱感染と胎児の小頭症との関連性を公式に発表している。事実、ブラジルでは2015年10月から2016年1月中旬までに、国内で4000人近い小頭症児の出産が報告されているのだ。

このショッキングな発表によって、症状そのものは大したことのないジカ熱が、特に妊婦や妊娠の可能性がある女性にとっては重大なリスクとなったのである。

世界的な不安と懸念を受けて先ごろ、世界保健機関(WHO)はジカ熱感染拡大に関する声明を発表している。それによれば、ジカ熱は蚊などを媒介にして血液の交わりによって感染するが、そう頻繁に起こるものではないと呼びかけている。また、すでに生まれている乳幼児が、ジカ熱に感染した母親の母乳を飲んで感染する証拠はないという。なぜこのような発表をするのかといえば、ジカ熱の約8割は感染しても発病することがないので、乳幼児の母親が知らずにジカ熱に感染しているケースも考えられるからだ。

そして先の“性行為による感染説”だが、WHOは精液からジカウイルスが発見された事例は確認していながらも、性行為による感染を認めるにはまだ調査不足だとしている。今のところWHOは、蚊を媒介とした感染しか公式には認めていないことになるが、血液の交わりによる感染は確かであることから、献血や輸血の血液には入念なチェックが必要となってくるだろう。

現在最もジカ熱が流行しているブラジルでは、この夏開催のリオデジャネイロ五輪に影響を及ぼすのではないかという懸念すら起こっているようだ。性行為による感染はひとまずWHOによって保留されたかたちになったが、流行地域へやむを得ず足を踏み入れる際には用心するに越したことはないだろう。

【引用元:トカナ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について