「夫の気持ちを引きたくて」偽装妊娠“流産”は飼い犬を殺した血で-アメリカ

妊娠事件

米アラバマ州でこのほど、とんだ偽装妊娠の末に飼っていた犬まで殺した女が逮捕された。

女は結婚しており、子供好きな夫のためにもどうしても赤ちゃんを身ごもった“フリ”をしていたかったという。

『ABC News』ほかが伝えているところによれば、妊娠を偽装し、動物の血を利用して流産まで演じたのはアラバマ州ローレンス郡のアニタ・パーカーという43歳の女。

赤ちゃんが待ち遠しいという夫、ジョニー・パーカーさんの期待になかなか応えられずにいたアニタは、彼の気持ちを引きたいあまり妊娠の偽装を思いついたという。

少しずつ膨らむ腹部。そのお腹を触らせることも産科医への通院に付き添うことも許さないアニタであったが、時おり超音波エコー検査の写真を見せていたこともあり、ジョニーさんが彼女の妊娠を疑うことはなかった。

ところが7か月が過ぎたある日、アニタは“流産”に見舞われた。帰宅したジョニーさんに、下半身を血だらけにしたアニタは「トイレで流産してしまった。死んだ赤ちゃんは水の勢いで流れてしまった」と説明したという。

慌てて“通っていた”産科医院に連れて行かれたアニタ。そこで「この患者さんには妊娠していた形跡すらない」と言われ、ジョニーさんは激しく動揺してしまった。さらに自宅に戻ると飼っていた生後8か月のチワワの姿がない。

なんと見つかったのは生ごみ入れの中で、体を切り刻まれた無残な姿に夫は2重のショックを受けて警察に相談。
そこでついにアニタによる自作自演の偽装妊娠・流産が発覚した。

警察の取り調べに対し、「流産を演じるための血液が必要だった」と供述したアニタは動物虐待致死容疑で逮捕・起訴され、身柄はローレンス郡拘置所へと送られた。

設定された保釈保証金は7,000ドル。過去にはドラッグ絡みで数々のトラブルがあることもわかっている。

【引用元:TechinsightJapan】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について