【イスラム国日本人人質事件】イスラエル通信社が、リシャウィ死刑囚と後藤健二の解放について合意と報道!

後藤健 リシャウィ

過激派組織「イスラム国」を名乗るグループによる日本人拘束事件で、イスラエルの通信社は、リシャウィ死刑囚と後藤健二さんの解放について、合意したと報じている。

また、地元・ヨルダンのメディアは、このリシャウィ死刑囚をまもなく移送すると報じている。

現地時間の27日夜から28日朝にかけて、大手のメディアではない独立系のメディアなどから、サジダ死刑囚の釈放に向けた動きが始まっているとのニュースが出始めている。

独立系の新聞社・ジョルダンニュースは、インターネット上で28日、サジダ死刑囚が収容されていた刑務所から別の刑務所に移送されたと報じた。

また、アラブのオンラインニュースは、ヨルダン筋から得た情報として、サジダ・リシャウィ死刑囚を釈放し、イラクのサジダ死刑囚の出身部族に引き渡す見通しだと報じている。

また、イギリスを拠点とする反アラブ紙も、同様に報じている。

さらに、アラブのオンラインニュースは、トルコの通信社を引用する形でヨルダンのパイロットの出身地であるカラクの県知事が、パイロットの部族に対して、早朝、数時間以内によい知らせがもたらされるであろうと伝えたとしている。

一方で、ヨルダン政府と大手のメディアからは、一切このような情報は出ていない。

そして、リシャウィ死刑囚の釈放に関する見返りについても、どの記事も一切報じていないという状況となっている。

【引用元:FNNニュース】

イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件で、ヨルダンのアンマンに置かれた現地対策本部長を務める中山泰秀外務副大臣は28日午前(日本時間同日夕)、後藤健二さん(47)の解放交渉について記者団に「現時点でみなさまに答えを申し上げる情報はない」と述べた。

中山氏は後藤氏の安否について「各方面から情報収集に取り組んでいる。相手がいる問題でもあり、今、オンゴーイングで進んでいる問題でもある。事案の性質上、答えは差し控えたい」と語った。

【引用元:産経新聞】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について