【閲覧注意】寿司好き男性の体に寄生虫がびっしり…生魚が原因か!?(写真あり)

中国 寿司

寿司好きの男性が体か痒い、胃が痛いと病院に行ったところ、全身から寄生虫が発見されるというショッキングな出来事がありました。

中国のその男性は生魚のスライスを多く食べていたといいます。

寄生虫の卵や幼虫は生の魚に由来しており、寿司などで食べることで人間に寄生します。

寿司は加熱調理されていないため、幼虫が人間にそのまま移動することが出来るのです。

感染すると数週間ほどで15mまで成長し、そして何年にもわたって生き続けます。

場合によっては腸管以外の場所にも移動し、そこで卵を産み付けるのです。

症状は疲労、便秘、腹部の不快感などと少なく、患者は比較的穏やかに過ごします。

しかし最終的には肝臓、眼、心臓や脳などに寄生虫が移動し、その部位を食べることで生命を脅かす可能性があります。

医師は日本の珍味である生魚、生肉の一部が寄生虫により汚染されてると指摘しています。

寄生虫症は衛生状態の悪い国に多い疾患ですが、近年は先進国でも増加しています。

【↓が、男性のレントゲン画像】
寿司好き男性の体に寄生虫がびっしり…生魚が原因か

寄生虫のレントゲン

レントゲンで寄生虫だらけ

【引用元:Daily Mail】

関連記事

1件のコメント

  1. 1
    匿名 says:
    ID:MTgyMjYxNDA2

    あんたらの汚染された水質の魚と一緒にせんといてくれ!どうせ、まな板も手も洗ってなくて魚だってプカプカ浮いてたのか死んだのを使ってたに違いない!マクドナルドの件でも不衛生だったしね!

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について