アメリカで「大麻」成分入りのピザソースが発売!!価格は1つ約2000円

ピザパン

ピザに欠かせないものといえば、ピザソースだ。

自宅でピザトーストを作る際でも、ピザソースとチーズがあれば何とかなる。

逆にピザソースがないと、それはチーズトースト以外の何物でもなく、「ピザ感」ゼロである。

どれだけ他の具が豪華でも「ピザ感」ゼロだ。

ということで今回は、世界で話題になっているピザソースをご紹介したい。

ある会社が、珍しいピザソースの発売を決定したというのだ。それは……大麻成分入りのピザソース。

日本では販売も使用も携帯も禁止されているあの「大麻」である!

・3切れで効く
取り扱っているのは、アメリカの食品会社「ポディー・ピッツァ」。

この会社が開発・販売しているピザソースには、大麻の代表的な幻覚成分と言われているテトラヒドロカンナビノール (THC)が、300mg含まれている。

価格は約2000円で、1つでラージサイズのピザ1枚、スモールサイズなら2枚分の分量。

そしてこのソースを塗ったピザは、3切れで “効いて” くるのだとか。

【↓が、大麻成分入りのピザソースの画像】
アメリカで「大麻」成分入りのピザソースが発売!!価格は1つ約2000円

・ピザソースは医療目的
『大麻成分入りピザソース』と聞くと、「それは違法じゃないの!?」と思う人は少なくないだろうが、アメリカでは大麻の規制を見直す動きが進んでいる。

カリフォルニア州やイリノイ州のように、医療用に限定して大麻を合法化している州は少なくない。

また、コロラド州やワシントン州では嗜好用大麻でさえ合法になった。

つまり、嗜好用かそれとも医療用かというのが、1つの大きなポイントなのだが、今回のソースはあくまでも医療用大麻を必要としている人のために開発されたもの。

嗜好用として楽しむためのものではないらしい。

・入手出来るのは限られたエリア
この商品は、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ワシントン州、コロラド州で手に入り、すでに35以上の薬局で取り扱われているという。

なおその開発は決して簡単ではなかったようで、味の調整に多くの時間を費やしたほか、150〜200枚のピザを焼き、3〜4人で実際に食べて検証したとのこと。

いずれにせよ、日本では「大麻=悪」というイメージを持っている人は少なくないが、アメリカをはじめとした海外では、その認識が大きく変わり始めているようだ。

この「ピザソース」は、その変化の表れの1つと言えるだろう。

【引用元:ロケットニュース24】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について