エアガン少年、警官到着後2秒で撃たれる 米

エアガン少年 クリーブランド

米オハイオ州クリーブランドで22日、エアガンを持った12歳の少年に警官が発砲した事件で、少年が撃たれたのはパトカーが到着してから約2秒後だったことが、26日に公開された監視カメラの映像で明らかになった。

クリーブランド警察の警官2人は22日午後、若い男が銃を振り回しているという通報を受けて現場に駆け付けた。
少年は翌日、死亡した。

警察は事件の発端となった通報と、それを警官に伝えた無線通信の録音も公開した。

通報者は黒人男性が「ピストル」を人々に向けていると述べるとともに、男性は「たぶん少年」だと語った。

銃が本物ではない可能性についても2度、言及している。

だが警官に無線連絡を行った担当者は、黒人男性が「人々に銃を向けている」と伝えたものの、模造銃の疑いや未成年者の可能性については触れなかった。

ビデオには、現場に到着したパトカーが雪の積もった芝生に乗り上げて止まり、警官が車外に出るとともに少年が倒れる様子が捉えられている。

警察によれば、パトカーが到着するとともに助手席にいた警官がドアを開け、3回にわたって「手を上げろ」と叫んだという。

だが少年は腰のベルトに手をやり、銃を抜いたという。

監視カメラの映像に音声は記録されていない。

警察によれば、少年が撃たれたのはパトカー到着から1.5~2秒後。

その後、警官の1人は無線で「20歳くらいの黒人男性」を撃ったと連絡している。

警察がこの映像を少年の親族に見せたところ、親族からメディアへの公開を求める要請があったという。

【引用元:CNNニュース】

関連記事

3件のコメント

  1. 1
    匿名 says:
    ID:MTgyMjYxNDEw

    また 騒ぎが大きくなるな…

  2. 2
    匿名 says:
    ID:MTcyOTU0NjMz

    約2秒で銃を撃つ警官っておかしいだろ!多分、相手は黒人だからってので撃ったんだろうな!可哀想にな。

  3. 3
    匿名 says:
    ID:MjkxODUzMDY3

    「攻撃は最大の防御」ですから……。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について