オーストラリア人、砂浜に頭を埋めて政府に抗議

ボンダイ・ビーチ

木曜、オーストラリアのボンダイ・ビーチに400人以上が抗議のために集まり、自分の頭を砂に埋めた。

今週行われたG20サミットで、気候変動を議題にあげることを嫌がった政府を揶揄するためだ。

米中がCO2削減に関して合意したことで、トニー・アボット首相の失敗はなお一層腹立たしいものになったと参加者たちは言う。

活動家のパット・ノーマンさん(28)がメガフォンで叫んだ。

「オバマが参加し、習近平が参加し、皆が参加した。ただ一人を除いて」「トニー・アボットだ!」参加者たちが大きな声で返答した。

赤ん坊連れの親たち、生徒、ビジネススーツに身を包んだ人々が砂浜に穴を堀り、頭を埋めた。

これは、危険を避けるために頭を砂に突っ込むという無駄な努力をすると言われているダチョウを真似たものだ。

鳥類学者は、実際のダチョウはそうした行動をしない、しかしそのことは抗議を台無しに
するものではないと話す。(※抄訳)

【↓が、砂に頭を埋めて抗議している画像】
オーストラリア人、砂浜に頭を埋めて政府に抗議3

オーストラリア人、砂浜に頭を埋めて政府に抗議2

オーストラリア人、砂浜に頭を埋めて政府に抗議1

【引用元:コピペ情報局】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について