クレヨンしんちゃんは大人向けのポルノアニメ!?インドネシア政府放送委が警告

クレヨンしんちゃん

アニメ「クレヨンしんちゃん」は過激?――。

インドネシアのテレビ番組を監督している政府の放送委員会(KPI)は22日、同国でも人気の「しんちゃん」が子どもの視聴にふさわしくないとして、放送している地元テレビ局に改善を求める警告を出した。

「しんちゃんはおしりを丸出しにしたり、他人のデートをのぞき見したりする。胸の谷間を強調したセクシーな服を着た女性も登場する。大人向けで、ポルノ同様だ」。

警告の理由について、KPIのアガサ・リリー理事はそう取材に答えた。

KPIは一部描写の削除や、放送時間を深夜に変えるなどの対応を求めている。

だが、放送しているテレビ局RCTIの広報は「どこが問題なのか。放送は今まで通り続ける」と意に介さない様子だ。

「しんちゃん」はインドネシアで2000年ごろに放送開始。

関連グッズも売られ、国民に広く知られた人気番組だ。

視聴率を調べている民間団体によると、放送のある日曜日の番組の中では「ドラえもん」に及ばないものの、常に人気の上位にあるという。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について