ロシアのサーカスにて体重120キロの巨漢女性が転倒→ワニが下敷きになり負傷

サーカス

ロシア・ムルマンスク(Murmansk)地方で20日、この地方を拠点に活動するサーカス団がバスで移動中、飼育しているワニの上に体重120キロの女性職員が倒れ、ワニが負傷するという事故が起きた。

地元メディアの報道によると、サーカス団が乗車していたミニバスが急ターンした際、経理を担当するこの女性は席から転げ落ち、フェージャ(Fedya)と名付けられた体長2メートルのワニの上に倒れたという。

ロシア通信(RIA)が伝えたところによると、フェージャはその後3時間にわたって嘔吐(おうと)を続け、団員たちはフェージャの命を危ぶんでいたという。

女性は軽傷で済んだものの、シートベルトを着用していなかったとして厳しいおとがめを受けた。

このサーカス団の団長によるとフェージャは回復し、テレビ番組に出演するためモスクワ(Moscow)に滞在しているという。

【引用元:AFPBB News 】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について