“不倫サイト”ハッキング被害で実名タレント続々!? みのもんた、市川海老蔵、石原さとみ……

石原さとみ

“世界最大の不倫サイト”をうたう既婚者向け出会い系サイト「アシュレイ・マディソン」がハッキング被害に遭い、世界48カ国、約3,800万人いるといわれる会員の一部個人情報が流出したことが判明したが、その会員情報内に日本人タレントの名前が多数あるという怪情報が飛び交っている。

海外サイトでは、すでに歌手やセレブの名前が取り沙汰されており、R&B歌手のクリス・ブラウンは流出した名簿に自身の名前があったというウワサを逆手に取って、「アシュレイ・マディソン」のロゴを印刷したシャツで出歩く始末。

ただ、ブラウンはこの流出以前にPVでもロゴを登場させるおふざけを披露しており、世間的には「クリス・ブラウンなんてよくある名前だし、彼は独身。

あんな金持ちなら、出会い系サイトなんかやらなくても女は選び放題のはず」という見方で、おおむね一致している。

ただ、やたら同姓同名が多い欧米と違い、日本人の名前となると比較的、珍しいものもある。

流出リストには「Norio Minorikawa」という記載があったと一部で話題になっており、これはタレントみのもんたの本名「御法川法男」と同じだ。

実際、同名の日本人は複数存在しているようで、「みのりかわ・のりお」は、Facebookなどでも散見される。

みの本人が出会い系サイトをやっていたとは考えにくいが、みのと長年仕事をしたTBSのディレクターによると「SNSなどに詳しい感じではないけど、パソコンは使えるし、『エロサイトを覗いちゃった』なんてジョークも言っていた」というから、可能性はゼロではなさそうだ。

ほかに流出リストの一部といわれるものには、市川海老蔵の本名「Takatoshi
Horikoshi」や石原さとみの本名「Kuniko Ishigami」、不倫略奪婚といわれる篠原涼子の本名「Ryoko Ichimura」や、安藤優子と同じ「Yuko Ando」というのもあった。

これらも同姓同名もしくは偽名による登録の可能性が高いが、余計な詮索をされそうな話だ。

カナダの運営会社が明らかにしたところでは、日本の会員は約180万人とされている。ただし、この利用者数には“水増し”疑惑がある。

開設時に情報番組で「アシュレイ・マディソン」を取材したジャーナリストの片岡亮氏が明かす。

「専門家によると、有料SNSというのは会員数が増えると反比例して料金を値下げ、普及をさらに拡大する傾向があるというのですが、アシュレイは無料会員登録できるサイトながら、実質的に利用するには最低でも5,000円程度は必要で、退会時に1,900円を請求される割高なシステム。

実際に3,800万人も会員がいれば、会社の規模がもっと大きくなっていないとおかしいという見方があります。

実際、元社員からは数千人規模で架空プロフィール作成をしていたという暴露もあるので、その数字はマユツバでは?」

ただ、今回の流出に関しては倫理観からサイトの閉鎖を要求するハッキングチームによる犯行といわれ、「利用者も同罪」というニュアンスの犯行声明まであったため、個人情報流出自体はガチな話。

「これがもしクレジットカードの支払い記録から出てきた名簿の流出であれば、偽名という線は消える」と片岡氏。

「怖いのは、その個人情報から不倫者の名簿が出来上がることで、ゆすりなどに悪用される危険性もあります。信用第一の会社役員であれば、高額な買い取りをすることも考えられます」(同)

過去、中国・上海のネットマフィアが、流出情報をもとに恐喝事件を起こした例もある。

「アシュレイ・マディソン」は、そもそも世界各国から非難を受けて広告掲載を拒否される例が続出中。

日本では創設イベント時に不倫タレントの矢口真里らを広告塔に起用しようという動きがあったが、さすがにこれに応じるタレントは皆無だった。

ビジネスモデルとして長くは続かないという見方も多かったが「不倫文化を推奨する投資家が匿名支援している」というウワサもあり、しぶとく運営が続くようでもある。

捜査当局によると、今回の流出には内部の人間が関わっている可能性があるということだが、いずれにせよ、うさん臭いサイトだ。

タレントが、これに巻き込まれないことを祈りたいが……。

【引用元:日刊サイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について