中国で園芸店のアドバイスを勘違い 「殺鼠剤」を使ってチャーハンを調理…

殺鼠剤

ゴキブリやネズミの駆除薬は毒性が強く、取り扱いに十分注意しなければならないが、中国では先日、販売店の店主から「ネズミ駆除剤をチャーハンに混ぜるといいよ」とアドバイスされた主婦が、駆除剤を使って鍋で調理。
室内に駆除剤が充満し、卒倒する出来事があった。

中国経済網によると、江西省九江市で暮らすこの主婦は、7月30日、園芸用品店でネズミ駆除剤を購入。

そのさい、店主から「ネズミ駆除剤を卵チャーハンに混ぜるといいよ」とアドバイスを受けたそうだ。

主婦は翌日、さっそく店主のアドバイスを実践。しかし、「混ぜるといいよ」という言葉を勘違いし、美味しくなるのかな?と卵チャーハンの具材としてネズミ駆除剤を投入してしまう。

そして気付くと、揮発した駆除剤が室内に充満、主婦はその場で卒倒してしまった。

幸い、すぐに夫が異変に気付き、換気をしたことで女性は無事回復したが、あやうく取り返しのつかない事態に発展するところだった。

ネズミ駆除剤を販売した店主曰く「ネズミは人間同様好き嫌いがあり、白米やほかの物に駆除薬を混ぜてもあまり食べず、効果も薄い」そう。

そのため、ネズミの好物である卵チャーハンに駆除剤を混ぜるよう顧客にアドバイスしたそうだが、今回の一件を受け、「次回からはもう少しきちんと説明します」と反省しているという。

【引用元:ナリナリドットコム】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について