今度は12歳少女が被害者に……中国ネット上に続々アップされる集団リンチ動画

中国の中学生

昨年12月、池袋駅近くの公園に17歳の女子高校生を呼び出し、30分以上にわたって顔や腹を殴る蹴るなどの暴行を加えケガをさせたとして、警視庁は14~19歳の少女3人を傷害容疑で逮捕した。

加害少女のひとりが交際していた少年をめぐり、被害少女とトラブルになったことが事件の発端だという。

少女らは暴行の様子を撮影し、YouTubeに投稿していた。

嫉妬を動機に少女が少女を集団暴行し、その模様を動画にアップするという事件は、中国でも続発している。

「澎湃新聞」などが伝えたところによると2月4日、湖南省臨武県で、12歳の少女が同じ学校に通う5人の少女から暴行を受けた。
加害者の多くが14歳未満だったという。

さらに、加害少女のひとりが暴行の模様を携帯電話で撮影。

その動画は、チャットアプリ「QQ」や中国版LINE「WeChat(微信)」を通じて拡散された。

動画には泣き叫ぶ被害少女に加害者少女たちが執拗に蹴りを入れ、髪の毛をつかんで引きずり回すというショッキングな光景が映されている。

報道によると、被害少女は加害者グループの主犯格の少女Aから過去に2~3度暴行を受けていたというが、それには理由があった。

Aにはクラス内に交際相手がいたが、教師に見つかり、その男子は被害少女の前の席へと移動させられた。

それから2人はよく話をするようになり、Aの怒りを買うことになる。

しかもAにはもうひとり別の彼氏がいたが、あろうことか、その男子も被害少女に気があり、チャットのやりとりをするようになる。

このモテモテぶりがAの嫉妬心に火をつけ、仲間を引き連れての犯行に及んだというわけだ。

先日は、海南省で撮影された、全裸にされ集団暴行を加えられる少女の動画がネット上で拡散したばかり。

日中で凶暴化する少女たちは、何にいら立っているのだろうか?

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について