死亡した新生児が火葬寸前で“奇跡の蘇生”も、再び死亡! 中国「火葬場よみがえり」は日常茶飯事!?

中国の火葬場

春節(旧正月)を迎える直前の中国で、赤ちゃんにまつわるショッキングすぎる事件が起こった。

「金羊網」(2月6日付)などによると、事の発端は2月5日、妊娠7カ月の早産で生まれた新生児の容体が1カ月後に急変し、死亡したことにさかのぼる。

この新生児は1月8日、体重わずか1.4kgで誕生した男の子だった。

同31日、春節を前に退院し、家族で新年を迎えようとした。だが、退院2日後に容体が急変。
病院に運ばれたが助からず、2月4日に亡くなった。

病院から死亡証明書が出され、遺体は葬儀場の霊安室にある保冷庫に移送。
火葬を待つ状態だった。

ところが火葬する日の朝、なんと保冷庫から赤ちゃんの泣き声が聞こえるではないか!

両親は慌てて赤ちゃんを取り出し、再度病院に運ばれて治療が再開された。

しかもこの新生児の状態は、4日前の退院時よりも良かったというのだ。

保冷庫の温度はマイナス12度で、15時間近くたってから息を吹き返したことになり、葬儀場関係者や医師は中国メディアの取材に対し「奇跡としか言いようがない」と述べている。

しかし、その後、新生児の容体は再び悪化。結果、新生児は息を引き取ることとなった。

当初、“奇跡の蘇生”は話題を呼んだが、新生児の死亡を受けて、各方面から批判の声が相次いでいる。

中国SNSでは、両親に対しては「早産だった新生児を、なぜ1カ月もしないうちに家へ連れて帰ったのか」「医療費が高すぎて入院させられなかったからだろう」という声が出ている。

さらに病院側にも「まだ生きる可能性があっても治療費が続かないようなら退院させるし、死亡証明書も書くのだ」との批判が続いた。

一方で、中国版Twitter「微博」には、真偽は定かではないが、似た事例を報告する者も現れた。

「このケース、俺の知ってるだけで2件ある。ひとつは、死んだはずの子どもが火葬炉に入れられ、点火された後に泣き始めたけど、母親が『いらないから、そのまま燃やして』と殺した話。

もうひとは、子どもが高所から落ちて頭を強打して呼吸停止になって遺体袋に入れられていたんだけど、しばらくして子どもの足が動いて助けられた話だ」

中国では医療費が高く、治療を途中でやめてしまう患者も少なくない。

病院側もさっさと“退院”させたいため、死亡証明書を安易に出してしまうケースが多いという。
火葬場で生き返る例は、中国では意外と少なくないのだ。

今もどこかで、生きたまま火葬場へ送られる不運な人がいるのかもしれないと思うと、ゾッとする……。

【引用元:日刊サイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について