韓国の女性が、7年前に死んだ夫の遺体をリビングに保存

韓国 家

2014年5月22日、韓国・中央日報によると、韓国である女性が7年前に他界した夫の遺体を自宅で保存していたことがわかった。
国際在線が伝えた。

薬剤師として働くこの女性は、2007年に肝臓がんで亡くなった夫の遺体を、2013年12月までの7年間にわたり自宅のリビングで保存していた。

警察が調べたところ、遺体は腐敗しておらず、ミイラに近い状態だった。

女性は警察の調べに対し、自分と子どもたちは毎日遺体に向かって話しかけ、以前と同じように生活していたと答えた。

また、「夫が死んだと実感したことはない。生き返ってほしい」と話している。

警察は、女性が夫の遺体を丁寧に保存しており、特別な薬物も使用していないことから、死体遺棄罪を問うのは難しいとしている。

【引用元:レコードチャイナ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について