「ついて行っていたかも…」中村アンが『旅ずきんちゃん』で枕営業の誘いを告白も“上から目線”に難あり!?

中村アン

モデルでタレントの中村アン(27)が、5日放送のバラエティ番組『旅ずきんちゃん』(TBS系)の中で“枕営業”の誘いを受けたエピソードを明かした。

この日、中村は同番組の人気企画「酒飲み歩きの旅」に、お笑い芸人の友近(41)とハリセンボンの近藤春菜(32)と共に参加。

さまざまな飲み屋が数多く並ぶ東京・西荻窪で、酒を傾けながらトークを展開した。

プライベートではほとんど親交がないという3人は、若干よそよそしい雰囲気を醸し出しながらロケをスタート。

1軒目の沖縄料理屋に入ってビールで乾杯したが、なかなか会話は弾まず、気まずい沈黙が流れるシーンも。

しかし、あまり酒が得意ではないという近藤が酔っぱらった顔つきになると徐々に空気も和み出し、ガールズトークに火がつき始める。

そして定番の恋愛トークになると、中村は「そんなに(男性とは)付き合ってないです」と言いながら、「5人くらいしかいない」と具体的な人数を告白。

27歳の中村であれば妥当な数字ともいえるが、男性と交際したことがない近藤にすれば少し自慢気に聞こえたようで「充分だよ!」と激しくツッコんでいた。

しかしそんな近藤の言葉に対して中村は、「春菜さんには幸せになってほしい」と“上から目線”の態度で接するのだった。

酔いが回った中村は、続いて訪れた串揚げの店で自らが経験した業界裏話を暴露。

大学卒業前に芸能界で生きていくことを決めた中村は、当時いわゆる“業界人”の男性に声をかけられて、「言いたいことわかるよね?」と“枕営業”をほのめかされたという。

中村は咄嗟に「お母さんに相談します」と答え、その場を後にしたとのことだが、当時の自分が地方から出てきている身だったら、「ついて行っていたかも…」と振り返っていた。

「今回の中村さんに限らず、最近はバラエティ番組などで女性タレントが、さまざまな業界秘話を暴露するシーンが増えてきている印象があります。

一昔前であれば“枕営業”という言葉自体がタブー視されていましたが、若い女性タレントの中には平気で『枕。枕』と発言する人も多い。

まあ時代の流れというヤツでしょうか…。もっともほとんどの女性タレントは、『誘われたことはあるけど…』と前置きをし、“聞いた話”として告白しています。そして口をそろえて言うのが、枕営業をして売れた人はいないということ。

これだけ多くのタレントがいる中で、少しでも刺激的な発言で注目を集めたいと思いながら、あくまでも自分にはクリーンなイメージを抱いてもらおうという気持ちが働いているのでしょう」(芸能ライター)

今回の番組で枕営業の誘いを受けたと話した中村は、自身のコンプレックスについても告白。背が低いことに悩んでいるという彼女は、プロフィール上で身長を2cmサバよんでいると言い、「もっと脚が長くなりたい」と語った。

しかし、それを話した相手は女芸人である友近と近藤。
モデルとしても活躍する中村のコンプレックスは、女芸人にとって“贅沢な悩み”と映ったようで友近も近藤も苦笑い。

そして我慢できなくなった友近は、少々やけくそになって「脚を見せろ」と要求し、無理やり中村のスカートをめくろうとする。

もちろん中村は抵抗したが、画面にはあわやパンチラというシーンが映されてしまった。

ここのところ中村は、バラエティ番組でストイックなダイエット法を披露するなどで、美のエキスパートとして同性からも高い支持を集めている。

しかし、多くの人が称賛するルックスを持ちながら自分を卑下するような発言をしては反感を買ってしまうことになりかねない。

自らの経験談や悩みを告白するのもいいが、上から目線にも思える発言はほどほどにしたほうがいいのかもしれない。

【引用元:メンズサイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について