「ブルセラ写真」で不振のAKB48が倉持明日香、卒業が早まったのは“あのアイドル”のせい!?

AKB48倉持明日香

AKB48・倉持明日香が19日、自身のブログで、8月17日の公演をもってAKB48を卒業することを発表した。今後はスポーツキャスターを目指すという。

2007年に第1回研究生(4期生)としてオーディションに合格してAKB入り。

“炎のストッパー”としてロッテで活躍したプロ野球選手・倉持明の娘として話題を呼び、チームBのキャプテンも務めた。

大手プロに所属し、柏木由紀らとユニット「フレンチ・キス」で活動するも、総選挙では2009年の21位が最高位。

以降、順位は徐々に下がり、昨年は52位に後退し、今年は辞退していた。

「いまひとつ人気が出なかったのは、雑誌に中学生時代のブルセラ写真が掲載されたことが大きかった。

ホテルの一室で手ブラヌード姿になった衝撃カットで、ファン離れが加速。

記事では撮影者が『とにかく胸が大きくて柔らかかった』と語っており、“その先”があったことを示唆していた。

18歳未満の少女のヌードは児童ポルノとされるため、雑誌サイドも掲載できなかっただけで、バストトップやヘアが写った写真もあったのではとウワサされました」(芸能ライター)

さらに、もうひとつ彼女の存在を薄くしたのが、あるアイドルのせいだという。

「グラビアアイドルの倉持由香ですよ。“尻職人”という異名で活動する彼女の知名度が上がったことで、倉持といえば由香のほうを頭に浮かべる人が増えた。

<↓は、倉持由香の画像>
倉持由香

実際、今回の引退報道でも、ネットでは『お尻の人ですか?』と混同している人も多数見受けられました」(アイドル誌ライター)

AKBという肩書をなくした彼女が以前のように輝くには、まずは倉持由香と区別がつくほどの知名度が必要のようだ。

【引用元:日刊サイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について