「人権侵害の限りを尽くした」小保方晴子の申し立て受け、BPOが審理入り NHKのSTAP問題特集

小保方晴子

放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会(委員長・坂井真弁護士)は19日、STAP細胞の論文不正問題を特集したNHKのドキュメンタリー番組「NHKスペシャル」について、審理入りしたことを明らかにした。

理化学研究所元研究員の小保方晴子氏が7月、委員会に人権侵害を申し立てていた。

対象となったのは、昨年7月27日放送の「調査報告STAP細胞不正の深層」。

番組では、英科学誌『ネイチャー』に掲載された小保方氏や笹井芳樹氏、若山照彦氏らによるSTAP細胞の論文を検証した。

小保方氏は申立書で、「何ら証拠もないまま、申立人が理研の若山研究室にあったES細胞を盗み、実験を行っていたという断定的なイメージで作られた」として、恣意(しい)的な編集があったと主張した。

また、実験ノートや小保方氏と笹井氏のメールが無断で放送されたことや、NHKの取材班から「違法な暴力取材を受けて負傷した」ことなどを訴え、番組を「人権侵害の限りを尽くしたもの」と非難した。

これに対し、NHK側は委員会に「申立人がES細胞を盗み出したなどと断定していない」と反論。取材を通じて客観的な事実を放送したとして、人権侵害を否定した。

実験ノートやメールについては「紹介することが極めて重要だった」と主張。

小保方氏への取材に関しては、公共の場所でコメントを求めたとして「問題はなかった」との認識を示した。

【引用元:産経新聞】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について