「何をやってもちんちくりん」元AKB48・板野友美にまとわりつく“違和感”の正体

板野友美

8月16日に六本木において行われた、テレビ朝日の動画番組の公開収録で披露された板野友美の”ヘソ出しダンス”が話題だ。

板野は、自身のシングル「Gimme Gimme Luv」に乗せて、黒い衣装を身にまとい、ダンスパフォーマンスを行った。しかし、評判は芳しくなく、ネット上では、「ヘソ出しで短足が余計に目立つ」「何をやってもちんちくりん」「改造は顔だけじゃなくて足にも必要なのでは?」と厳しい意見が目立った。

「彼女はもともと、体に対して顔が大きく、手足が短い幼児体型です。きらびやかな動きとセクシーさ求められるダンスパフォーマンスとの相性は悪いでしょう。実際、スタイルの良いバックダンサーとの対比も目立っていました」(アイドルライター)

 板野の公称身長は154センチであるものの、実際にはさらに低いという説もある。過去には蛯原友里(身長168センチ)や道端ジェシカ(身長173センチ)らと並び、その身長のギャップが”公開処刑”とも言われた。

「彼女はPVやイベント出演時などは、かなり高いヒールを履いてくることが多いです。時には10センチ以上のものもあります。身長の低さや、足の短さはかなりコンプレックスのようですね。”小さくてカワイイ”路線も目指せるはずなんですが、彼女自身はそれを望んでいないように見えます」(前出・同)

 板野は過去、「英語ができる」アピールをしていたにもかかわらず、曲名に使われた英単語の意味すらわからないという失態も見せている。自分を良く見せようとする上昇志向が強いのは確かだが、まるで実態が伴っていないのは明らかだ。アイドルとしての”等身大”の美貌、魅力は備え付けているのだから、彼女には”身の丈にあった”活躍をしてもらいたいものだ。

【引用元:TOCANA】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について