「命令されたい」 北川景子、Mっ気のある意外な素顔を告白! 健康アピールで喫煙疑惑も払しょくか!?

TOKIOカケルでドM宣言の北川景子

女優の北川景子(28)が8日放送のバラエティ番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演し、プライベートな一面を明かした。

番組冒頭、北川は前回出演時の「焼肉のあとはラーメンでしめる」「料理は炒めてあれば何でもOK」と発言したことを振り返りながら、「最近は暴飲暴食しなくなった」と告白。

「体質が変わったんです。内臓の年齢ですかね」と少し名残惜しそうな表情を浮かべて語ったが、自然と食べられなくなったことで体調がよくなったとも言っており、健康的な私生活を送っているようだ。

しかしその健康アピールは北川に根強くささやかれている“ある疑惑”を払しょくしたいためではないかとの声も…。

「これまで北川さんには週刊誌などによって喫煙報道が伝えられています。

昨年の12月に自身の公式ホームページで過去の喫煙報道を完全に否定しましたが、それでもネット上などでは、いまだにヘビースモーカーとして語られることも多い。

複数のテレビCMに起用されている北川さんにすれば、喫煙者というイメージを可及的速やかに消したいところでしょう。そのくらい世間の喫煙者のイメージは悪いですからね」(芸能ライター)

これまでも喫煙の事実はなかったのか、それとも卒煙に成功したのかはわからないが、今回の番組で自然と食生活が変わり体調がよくなったとアピールしていたのも、より健康的な印象を視聴者に与えることで、喫煙イメージを軽減させたかったのかもしれない。

さらに北川は、これまでのイメージとは違う一面を披露した。

ドラマで料理人を演じたことがきっかけで「最近は料理にハマっている」と告白した北川。

「今までは自信がなかったし、“山賊”みたいな料理をしていた」と言ってTOKIOを笑わせたが、今はかなり本格的に料理に挑戦しているとのこと。

「ちゃんと分量をはかって作っています」と自信満々に語り、その証拠としてエプロン姿でキッチンに立つプライベート写真も公開。

家庭的な雰囲気を漂わせる一枚を見たTOKIOのメンバーは「たまんないね」と羨ましそうに絶賛した。

その後、北川は料理に積極的な“キッチン男子”が好みだとも言い、“彼と一緒に料理するのと、遠目から見守る”のではどちらがいいかを問われると、「どっちもいいですね~」と妄想を膨らませる。

そして「いろいろ命令されたい」と意外な願望を告白すると、実際にTOKIOの山口達也(43)が命令口調で話しかけることに。

山口が「エプロンくらい自分でしろよ!」「早くジャガイモの皮むいて!」とアドリブをかまされると、北川は「うわ~。怒られた~」と満面の笑顔を浮かべて胸キュン状態。

頬を赤くしながら「強めに指示されるのが好き」と話すのだった。
クールな印象のある北川だが、その素顔には少々Mっぽい部分もあるようだ。

大人っぽい雰囲気で、若い女性の選ぶ「なりたい顔」ランキングで常にトップを争うなど、同性から憧れの存在として人気を集める北川。

本日スタートの新ドラマ『探偵の探偵』でもヒロインに起用され、ミュージシャンでタレントとしての人気も高いDAIGO(37)との交際も順調だと伝えられている。

まさに公私ともに絶好調といえる北川だが、健康的で料理好きでM気質という新たなイメージが加われば、ますますファン層を広げそうだ。

【引用元:メンズサイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について