『フルハウス』続編ドラマ『フラーハウス』にオリジナル版吹き替え声優陣が再集結

Fuller House フルハウスの続編『フラーハウス』

米国のシチュエーションコメディードラマシリーズ『フルハウス』の20年後を描くスピンオフドラマ『フラーハウス』の日本語吹き替え版に、20年前と同じ声優陣が再集結することが5日、明らかになった。

堀内賢雄、大塚芳忠、山寺宏一、子どもたちの吹き替えを担当した坂本千夏、大谷育江、伊藤美紀ら、いまとなっては“大御所”“ベテラン”の域に達した声優たちが顔をそろえることなった。

『フルハウス』は、米国で1987年から95年にかけて8シーズン、全192話が放送され、日本でも90年代にNHK教育テレビ(Eテレ)で放送され、その後、再放送されたこともあって、多くの人がこの作品に触れることとなった。

妻に先立たれたダニー・タナーが、義理の弟ジェシーと親友のコメディアンのジョーイと共同生活しながら、3人の娘たちの子育てに奮闘する日々をユーモアたっぷりに描いた。それから20年。

当時、幼かった娘たちは大人の女性に成長し、タナー家の長女D.J.は3人の子を持つ母となって、新作『フラーハウス』に登場する。

妹のステファニー、親友のキミーと女性3人で共同生活をしながら、子育てに、仕事に奔走。

笑いあり、涙ありの誰もが夢中になれる家族の成長物語が描かれていく。

NHKでは吹き替え版を放送していたため、新作の情報が公開された際は、ネット上には「吹き替え版はないの?」「年を取ったからってみんなの声優が変わってしまうのはイヤだ」、「大きくなった子どもたちの声優はどうなるんだろう?」といった書き込みも散見された。

その声を受け止め、Netflixはオリジナル版を担当しいていた声優陣に新作への出演をオファーしたところ、皆、快諾し、実現の運びとなった。

『フルハウス』の子役たちがそのまま同じ役を演じることでも話題の『フラーハウス』。

20年の時を経て、再びD.J.、ステファニー、キミーを演じる坂本、大谷、伊藤の吹き替えも注目を集めそうだ。

今月26日より「Netflix」で全13話、全世界一斉ストリーミング配信開始。

■吹き替えキャスト
ジェシー役:堀内賢雄
ダニー役:大塚芳忠
ジョーイ役:山寺宏一
長女D.J.役:坂本千夏
次女ステファニー役:大谷育江
D.J.の親友キミー役:伊藤美紀

【引用元:ORICON STYLE】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について